基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

カンキョウジンブンガクニ タシャトシテノシゼン

環境人文学Ⅱ 他者としての自然

野田研一・山本洋平・森田系太郎 編著

定価 3,240円 (本体3,000円) 在庫あり

数量:

動物、森、死者、サイボーグ…
〈他者〉をどのように捉え、描くのか

永遠なる未知へ。
文学から歴史学、人類学、教育学、言語学を横断し、環境人文学における「他者」をめぐる最新の議論と、今後考えるべき問題を提示する。「異なる種」である動物の表象、人間外(ノンヒューマン)存在(そんざい)の表象から、贈与と負債の感情、時間の捉え方など、「他者としての自然」と「人間」の関係性を再考する。
梨木香歩、加藤幸子の鼎談も掲載!

ISBN 978-4-585-29129-9 Cコード C1090
刊行年月 2017年5月 判型・製本 A5判・並製  352 頁
キーワード 文化史, 民俗学, 現代社会, 環境, 評論, 近現代

目次

はじめに 山本洋平

Ⅰ 人間と動物のあいだ
 【鼎談】鳥の影―二一世紀になお自然を描くとは 加藤幸子×梨木香歩×野田研一
 イヌはいかに人間の言うことを理解するのか―マルチスピーシーズ民族誌の可能性 奥野克巳
 越境する動物がもたらす贈物(ギフト) 矢野智司
 彷徨(さすらい)といふ救済/ザネリの夜―『銀河鉄道の夜』『もののけ姫』に寄せて 北條勝貴
 内なる、環境からの声―失われた〈時間〉を語るためのことば 李恩善

Ⅱ 日本とアメリカのあいだ
 環境意識と文学の意匠―ソローにみる異化の技巧 フランソワ・スペック(翻訳:藤原あゆみ)
 バートルビーの眼をとじる―超越主義的ネットワークにおける視覚、身体、他者 山本洋平
 ゲーリー・スナイダーの『終わりなき山河』―惑星文学の可能性 山里勝己
 真珠湾攻撃の内宇宙―バラードSFとエコ・テロリズム 巽孝之
 ミッキー・ウルフマンなんか怖くない―オオカミ/パラノイア/『LAヴァイス』 波戸岡景太
 生きることは動くこと(Living is Moving)―アニー・ディラードの受動性 中川直子

Ⅲ これからの環境人文学
 環境人文学の現在 結城正美
 未来の種、未来の住み処(すみか)―環境人文学序説 ウルズラ・K・ハイザ(翻訳:森田系太郎)
 自然/文化、環境/文学―記号の儀式と擬制の祝宴 小山亘
 「二五年後」のエコクリティシズム スコット・スロヴィック(聞き手:森田系太郎[編集・翻訳]、山本洋平)

おわりに―〈他者〉の政治学と環境人文学の地平 森田系太郎

編著者プロフィール

野田研一(のだ・けんいち)
立教大学名誉教授。主な著書に『交感と表象―ネイチャーライティングとは何か』(松柏社、2003年)、『自然を感じるこころ―ネイチャーライティング入門』(筑摩書房、2007年)、『〈風景〉のアメリカ文化学[シリーズ・アメリカ文化を読む 2]』(編著、ミネルヴァ書房、2011年)、『異文化コミュニケーション学への招待』(共編・鳥飼玖美子他、みすず書房、2011年)、『失われるのは、ぼくらのほうだ―自然・沈黙・他者』(水声社、2016年)などがある。

山本洋平(やまもと・ようへい)
明治大学理工学部専任講師。立教大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。主な論文に、「剥製の欲望から諸自己の詩学へ―19世紀アメリカ文学における鳥の表象」(野田研一・奥野克巳[編著]『鳥と人間をめぐる思考―環境文学と人類学の対話』勉誠出版、2016年)、「明白ならざる運命―『ウォールデン』における動物表象」(日本ソロー学会編『ソローとアメリカ精神―米文学の源流を求めて』金星堂、2012年)などがある。

森田系太郎(もりた・けいたろう)
在野研究者。会議通訳者。修士(立教大学[異文化コミュニケーション学])、修士(モントレー国際大学院[翻訳・通訳])、博士(立教大学[社会デザイン学])。主な著書に、East Asian Ecocriticisms: A Critical Reader(共著、Palgrave Macmillan、2013年)、論文に、“Ecological Reflection Begets Ecological Identity Begets Ecological Reflexivity”(立教大学博士論文、2010年)、“Nature Writing Cultivates Ecological Identity: A Case Study of an Environmental NGO in Japan”(『文学と環境』第15号、2012年)などがある。

書評情報

・「朝日新聞」(2017年5月28日)にて、本書の紹介文が掲載されました。

・「週刊読書人」(2017年6月16日)にて、本書の編者(野田研一・奥野克巳)による対談が大きく掲載されました。