基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

「造反有理」からの50年

矢吹晋・土屋昌明・前田年昭 編

定価 8,640円 (本体8,000円) 在庫あり

戦争責任・社会主義・下放…
今あらためて、文革とは何かを問い直すために

ISBN Cコード C
刊行年月 2018年3月 判型・製本 A5判・上製  450 頁
キーワード 中国, 社会学, 近現代

編著者プロフィール

矢吹晋(やぶき・すすむ)
1938年生まれ。横浜市立大学名誉教授。東洋経済新報社、アジア経済研究所を経て、横浜市立大学商学部教授。
主な著書に、『図説 中国力』(蒼蒼社、2010年)、『チャイメリカ―米中結託と日本の進路』(花伝社、2012年)など。

土屋昌明(つちや・まさあき)
1960年生まれ。専修大学教授。
主な著書に『神仙幻想―道教的生活』(春秋社)、編著に『目撃!文化大革命―映画『夜明けの国』を読み解く』(太田出版)、編に『東アジア社会における儒教の変容』(専修大学出版局)など。

前田年昭(まえだ・としあき)
編集者。
主な論文に、「歴史をかきかえるということはどういうことか―竹内好著/丸川哲史・鈴木将久編『竹内好セレクション』1・2」(「東方」2007年4月)、「死者は生者を捉え、妄想は遅れてきた全共闘を走らせた」 (「ユリイカ」2005年12月)など。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています