基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ゲイジュツコッカ ニッポンノカガヤキ ニ テンピョウジダイカラカマクラジダイ

芸術国家 日本のかがやき Ⅱ 天平時代から鎌倉時代

田中英道 著

定価 3,024円 (本体2,800円) 在庫あり

数量:

日本芸術が世界で最も輝いていた時代は天平時代から鎌倉時代においてである。
平安・鎌倉の文化は神道と仏教が統合し、宗教性に裏打ちされた芸術を創造した。古典からマニエリスム、そしてバロックへと形を変えながら、西洋史の時代を超越して、日本の芸術は見事な展開を見せた。
時間軸のみで捉える歴史観ではなく、様式の形式、すなわち文化的達成度の比較から彼我の歴史を見直す。

ISBN 978-4-585-27036-2 Cコード C0071
刊行年月 2017年4月 判型・製本 A5判・上製  256 頁
キーワード 中世, 平安, 文化史, 美術, 鎌倉

目次

第一章 日本の「古典主義」の基礎
第二章 天平のミケランジェロ・公麻呂
第三章 聖武天皇は芸術の都・奈良の大パトロンであった
第四章 奈良の都のオーケストラ
第五章 大画家・光源氏
第六章 親鸞はルターに先駆けている
第七章 運慶と鎌倉「バロック」期の巨匠たち
第八章 日本の大学は西欧より進んでいた

編著者プロフィール

田中 英道(たなか・ひでみち)
1942年生まれ。美術史家。東北大学名誉教授。
主な著書に『歴史のかたち 日本の美―論争・日本文化史』(徳間書店、2001年)、『日本美術 傑作の見方・感じ方』(PHP新書、2004年)、『日本と西洋の対話 一文化史家のたたかい』(講談社出版サービスセンター、2010年)、『日本の文化 本当は何がすごいのか』(育鵬社、2013年)などがある。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています