基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ナラエホンシャカノホンジ ゲンショクエイイン ホンコク チュウカイ

奈良絵本 釈迦の本地 原色影印・翻刻・注解

ボドメール美術館 所蔵/ 小峯和明・金英順・目黒将史 編

定価 17,280円 (本体16,000円) 予約商品

Preorder:
2018/05/31

数量:


この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

極彩色の絵画と共に読み解く釈迦の一代記

釈迦の一代記「仏伝」は様々にかたちを変え、世界に浸透していった。
ボドメール美術館蔵奈良絵本「釈迦の本地」は、誕生から出家、成道、涅槃までのその物語を、極彩色の挿絵とともに描いたもの。
浄土教学に即した仏典解釈を背景とすると思われる特異な本文、また、釈迦の修行を妨げる外道を西洋人風の造形によって描くなど、当時の世界認識をも垣間見ることの出来る逸品である。

[本書の特色]
・スイス・ジュネーブに所在するボドメール美術館所蔵の貴重奈良絵本『釈迦の本地』の全編を原色にて本邦初公開。釈迦の一代記を美麗な絵画、本文とともに楽しむことが出来る。絵解きにも最適な一書。
・原本と対照して物語を容易に読み進められるよう、詞書の下に対応する翻刻を附した。
・絵画部分は1ページ大に大きく示し、細部が確認できるよう配慮した。また、詳しい場面解説を附した。
・釈文に加え、諸本との対照を含めた詳細な語註を附した。今後の仏伝研究の基礎資料としても有益。
・説話文学・仏教文化に精通した第一人者による解説を附した

ISBN 978-4-585-27043-0 Cコード C1071
刊行年月 2018年5月 判型・製本 A4判・上製  168 頁
キーワード 中世, 仏教, 美術, 説話

目次

序 言 小峯和明

凡例

影印・翻刻

書誌
上巻
図1 雪山童子/図2 相人による占い/図3 太子の誕生/図4 鳥の親子/図5 四門出遊・春/図6 四門出遊・夏/図7 四門出遊・秋/図8 四門出遊・冬/図9 提婆達多の象撲殺/図10 提婆達多と外道の談合/図11 弓矢の芸/図12 耶輸陀羅と結婚/図13 警護/図14 太子の出立/図15 耶輸陀羅との別れ

下巻
図16 太子の入山、妨害の外道/図17 太子の出家/図18 車匿の下山/図19 修行/図20 出山、菩提樹の杖/図21 童子の案内/図22 降魔、成道/図23 帝釈天宮へ/図24 摩耶の授乳/図25 羅睺羅との対面/図26 最後の説法/図27 涅槃/図28 遅れた迦葉/図29 荼毘

釈文・語注 目黒将史・金 英順
上巻
一、雪山童子
二、釈迦の誕生
三、摩耶夫人の死、釈迦の道心
四、四門出遊
五、技芸くらべ、耶輸陀羅との結婚
六、釈迦の旅立ち

下巻
七、檀特山での出家
八、車匿との別れ
九、難行苦行
一〇、金剛座へ
一一、降魔成道
一二、忉利天での説法、摩耶の授乳
一三、王宮での説法、羅睺羅との対面
一四、霊鷲山で説法
一五、涅槃
一六、荼毘と仏舎利

解説 小峯和明

編著者プロフィール

小峯和明(こみね・かずあき)
立教大学名誉教授、早稲田大学客員研究員、中国人民大学・高端外国専家。専門は日本中世文学、東アジアの比較説話。
著書に『中世日本の予言書―〈未来記〉を読む』(岩波新書、2007年)、『中世法会文芸論』(笠間書院、2009年)、『〈予言文学〉の世界―過去と未来を繋ぐ言説』(編著、アジア遊学159、勉誠出版、2012年)、『東アジアの仏伝文学』(編著、勉誠出版、2017年)などがある。

金英順(きむ・よんすん)
立教大学兼任講師。専門は日本中世文学、東アジアの比較文学。
著書に『海東高僧伝』(共編、平凡社、2016年)、『シリーズ 日本文学の展望を拓く 第一巻 東アジアの文学圏』(編著、笠間書院、2017年)、論文に「東アジア孝子説話にみる生贄譚」(『説話文学研究』45号、説話文学会、2010年)、「東アジアの入唐説話にみる対中国意識―吉備真備・阿倍仲麻呂と崔致遠を中心に」(アジア遊学197、勉誠出版、2016年)、「仏伝の「降魔成道」にみる魔王親子の葛藤」(小峯和明編『東アジアの仏伝文学』勉誠出版、2017年)などがある。

目黒将史(めぐろ・まさし)
立教大学兼任講師、青山学院大学非常勤講師、和洋女子大学非常勤講師。専門は日本中世文学、軍記文学。
著書に『シリーズ 日本文学の展望を拓く 第五巻 資料学の現在』(編著、笠間書院、2017年)、論文に「〈薩琉軍記〉物語生成の一考察―近世期における三国志享受をめぐって」(『説話文学研究』46号、説話文学会、2011年)、「〈薩琉軍記〉の歴史叙述―異国言説の学問的伝承」(『文学』16-2号、岩波書店、2015年)、「武人言説の再生と沖縄―為朝渡琉譚を起点に」(『軍記と語り物』52号、軍記・語り物研究会、2016年)などがある。