基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

アジア遊学 134

ヒガシアジアヲメグルキンゾクコウゲイ

東アジアをめぐる金属工芸

中世・国際交流の新視点

久保智康 編

定価 3,024円 (本体2,800円) 品切れ

品切れ

東アジアにおける金属工芸は、金・銀・銅という材質を用いることから多様な付加価値をもつことになり、宗教や美術、そして政治などと密接に関わりつつ、各地域の相互交流のなかで重要な位置を占めてきた。それら金工品等の比較研究に加え、各種工芸・絵画作品、文献史料の読み解きから、造形・意匠の伝播や展開、「モノ」としての意味や機能を明らかにすることで、東アジアにおける相互文化交流の諸相を立体的に浮かび上がらせる。

ISBN 978-4-585-22600-0 Cコード C1320
刊行年月 2010年7月 判型・製本 A5判・並製  288 頁
キーワード

目次

序文/久保智康
十世紀の鏡の一様相―中国・呉越国の線刻鏡について/瀧朝子
銭弘俶八万四千塔をめぐる現状と課題/服部敦子
中国阿育王塔舍利器の受容―東国大博物館所蔵の石造阿育王塔を中心に/崔應天
寂照入宋と摂関期仏教の転換/上川通夫
唐宋時代の越窯と金銀器―線刻装飾を施した呉越国「秘色窯」の青磁/三笠景子
中世の漆工にみる金属器の影響―無文漆器と銀器を中心に/多比羅菜美子
高麗時代金属托盞の系譜と特徴/金恩愛
中国南方地域における宋・元期の倣古青銅器/王牧
宋・元画のなかの器物表現―画中の古物表現とその意味を中心に/塚本麿充
中世日本における倣古銅器の受用と模倣―唐物意識の内実/久保智康
中世史料研究と唐物/羽田聡
室町時代における唐物の受容―同朋衆と唐物/家塚智子
文献史料からみた古琉球の金工品―武器・武具の分析を中心に/上里隆史
「東アジアをめぐる金属工芸」―中国、朝鮮、日本、そして琉球/久保智康

シリーズ詳細

アジア遊学

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています

山西省

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

山西省

定価1,944円

共生する神・人・仏

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

共生する神・人・仏

定価1,944円

地獄と極楽

品切れ

地獄と極楽

定価1,944円