基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

ニホンゴキョウイクノオンセイ

日本語教育の音声

城生佰太郎 著

定価 1,944円 (本体1,800円) 在庫あり

数量:

音声学のあらたなスタンダード

「国語教育」が日本人を対象とする日本語の教育であるのに対し、「日本語教育」は外国人を対象とする日本語の教育である。
国語教育とは異なる切り口から日本語の音声を捉え、わかりやすく開かれた音声教育のありかたを問う。

ISBN 978-4-585-28007-1 Cコード C1081
刊行年月 2012年3月 判型・製本 A5判・並製  176 頁
キーワード 日本語

目次

はしがき 

第1部 音声とはなにか?
 第1章 音秘 
 第2章 日本語教育 
 第3章 朗読で老化を乗り切る 
 第4章 百人一首を当時の音で読む 
 第5章 世の中は、澄むと濁るで大違い 
 第6章 いっこく堂―その1 音の種類 
 第7章 いっこく堂―その2 子音の作り方 
 第8章 いっこく堂―その3 接近音と「ン」 
 第9章 口形で音を判断 
 第10章 快音・不快音 
 第11章 黄色い声 
 第12章 17人のスティーヴンソン 
 第13章 古典日本語の動詞活用

第2部 音声学とはなにか?
 第1章 音声学とは 
 第2章 発声と調音 
 第3章 母音の分類と記述(1) 
 第4章 母音の分類と記述(2) 
 第5章 子音の分類と記述(1) 
 第6章 子音の分類と記述(2) 
 第7章 アクセント(1) 
 第8章 アクセント(2) 
 第9章 イントネーション 
 第10章 音韻論 
 第11章 音節と拍

編著者プロフィール

城生佰太郎(じょうお・はくたろう)
1946年生まれ。筑波大学名誉教授・文教大学文学部教授。博士(学術)。
主な著書に『アルタイ語対照研究』(勉誠出版、2001年)、『モンゴル語母音調和の研究』(勉誠出版、2005年)、『日本音声学研究』(勉誠出版、2005年)、『実験音声学入門』(サン・エデュケーショナル、2008年)、『一般音声学講義』(勉誠出版、2008年)、『日本語教育の語彙』(勉誠出版、2012年)、編著に『音声学基本事典』(勉誠出版、2011年)などがある。