基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

ヒガシアジアショウワヒカクケンキュウ

東アジア笑話比較研究

小峯和明 監修/琴榮辰 著

定価 10,800円 (本体10,000円) 在庫あり

数量:

近世期の笑話集を東アジアの視点から読み直す

江戸時代に刊行された1,000種超の噺本の価値に、韓国の研究者が気づかないのと同じく、ほとんどの日本の研究では朝鮮漢文笑話集の持つ資料的価値について言及されていない。
従来、中国との比較のみに重点が置かれていた笑話研究について、中間にある朝鮮文学を比較研究の基軸に据え、徹底的な文献博捜力により、単線的な対比を越えた多面的・複合的な観点を確立。
笑話というジャンルにとどまらず、東アジアの説話や物語世界、文芸や文化論に通底する課題を浮き彫りにし、旧来の研究の地平を大幅に乗り越える画期的論文集。

ISBN 978-4-585-29038-4 Cコード C3090
刊行年月 2012年7月 判型・製本 A5判・上製  352 頁
キーワード 東アジア, 比較文学, 説話, 近世

目次

東アジアの地平へ 小峯和明


 一 先行研究/二 江戸噺本と中国笑話集/三 朝鮮漢文笑話集との比較研究の意義/四 朝鮮漢文笑話集七種解題Ⅰ 和尚と小僧譚
 第一章 「卵は白茄子」・「飴は毒」型と『村談解頤』「●父毒果」
 第二章 「和尚お代わり」型と『○葉志諧』「舅婦竊粥」
 第三章 「和尚の女遊び」型と『禦眠楯』「五子嘲父」

Ⅱ 艶笑譚
 第一章 『古今著聞集』第五四七話と『禦眠楯』「斫鼈頭」
 第二章 狂言「丼礑」と『禦眠楯』「鼻陽誤黏」

Ⅲ 愚夫・妬婦譚
 第一章 落語「二階の間男」と『破睡録』・『慵齋叢話』の愚夫譚
 第二章 『囃物語』と『東国滑稽伝』の妬婦譚

Ⅳ 笑いの共有と変容
 第一章 『醒睡笑』と『東国滑稽伝』の「吝太郎」
 第二章 『五常内義抄』と『睡隠集』の「瘤取り翁」
 第三章 『今昔物語集』と『古今笑叢』別本の「櫃の中の間男」



付録 類話対照表

あとがき/初出一覧/参考文献/索 引

*「●」は、「艹」+「責」
*「○」は、「艹」+「冥」

編著者プロフィール

琴榮辰(ぐむ・よんじん)
1969年韓国大邱生まれ。2010年九州大学大学院人文科学府博士課程卒業(文学博士号取得)。立教大学日本学研究所特別研究員、日本学術振興会外国人特別研究員を経て、2012年韓国外国語大学校非常勤講師。
主要論文に、 「笑話の頓知・愚人譚化と隠れる攻撃性」(『日本学研究』第31輯(檀国大学校日本研究所、2010年))、「東アジアにおける桃太郎噺の伝播と共有」(『日語日文学研究』第76輯2巻(韓国日語日文学会、2011年))、「江戸噺本の滑稽の方法」(『日本研究』第48号(韓国外国語大学校日本研究所、2011年))、「東アジア笑話に見る放屁譚」」(『日本学研究』第34輯(檀国大学校日本研究所、2011年))など。