基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

アジアディアスポラトショクミンチキンダイ

アジア・ディアスポラと植民地近代

歴史・文学・思想を架橋する

緒形康 編

定価 4,536円 (本体4,200円) 在庫あり

数量:

植民地帝国とその地理的・思想的・歴史的周縁における、故国喪失者たち

16~20世紀のアジアの諸地域において、移住や亡命を強いられた人々。
自らのアイデンティティーの揺らぎや危機に直面しながら、その再構築を模索する彼らの姿を、1930年代の「転向」現象を中心にして描く。

ISBN 978-4-585-22052-7 Cコード C3020
刊行年月 2013年4月 判型・製本 A5判・上製  336 頁
キーワード アジア, 世界史, 日本史, 近世, 近現代

目次

序―植民地近代とアジア・ディアスポラの思想文学 緒形康

第一部 近世(early modern)における植民地主義と言説空間
16世紀「堺」の記憶と表象 樋口大祐
前近代における怪異譚の思想変節をめぐって 門脇大
近世ユーラシア帝国と19世紀日本の知識人―長崎オランダ通詞の清朝・ロシア認識 緒形康

第二部 植民地近代のアイデンティティー
龍済光政権期の広東地域エリート 宮内肇
海を渡る源義経―貴公子の悲劇とその語り手の系譜 藪本勝治
翻訳から見る昭和の哲学―京都学派のエクリチュール 上原麻有子
楊千鶴の日本語創作をめぐって 濱田麻矢

第三部 植民地近代から「転向」現象を再考する
1930年代の封建遺制論争、資本主義論争におけるアジアの影 緒形康
幕末勤皇歌研究と時局 田中康二
田辺元『懺悔道としての哲学』における転回・理性批判の射程―ホルクハイマー/アドルノ『啓蒙の弁証法』との比較試論 嘉指信雄
白先勇『孽子』と台北―移ろいゆく都市の記憶 小笠原淳
おわりに 緒形康

編著者プロフィール

緒形康(おがた・やすし)
東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、神戸大学大学院人文学研究科教授。専門は中国近代思想史。
主な著書・論文に、『危機のディスクール―中国革命1926~1929』(新評論、1996年)、『一九三〇年代と接触空間―ディアスポラの思想と文学』(編著、双文社出版、2008年)、『初期中国共産党群像』1・2(鄭超麟著、共訳、東洋文庫711・712、平凡社、2003年)などがある。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています