基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

ジクウヲコエルセイメイ

時空を超える生命

〈いのち〉の意味を問いなおす

大正大学綜合佛教研究所 仏教における生(いのち)研究会 編

定価 10,260円 (本体9,500円) 在庫あり

数量:

東日本大震災後の今、〈いのち〉とは何かとあらためて考える

〈いのち〉の根源的な在り方を、〈個々の「生」そのもの〉と〈個々の生死を包摂したより大なる流れ〉との出会い、すなわち時空を超える生命として捉え、インド・中国・日本の仏教や西洋哲学など、様ざまな生命観に迫る。代理母出産、地獄絵の役割など現代的な課題も視野に入れ、多角的に考察する。

ISBN 978-4-585-21014-6 Cコード C3015
刊行年月 2013年6月 判型・製本 A5判・上製  432 頁
キーワード 仏教, 宗教, 民俗学

目次

生(いのち)とはなにか 猪股清郎

Ⅰ 仏教の思想と生(いのち)
「大我」即「毘盧遮那」―空海の生(いのち)観 猪股清郎
釈尊の葬儀と遺骨 田中純男
大乗仏教の世界観―根源的な「生(いのち)」の展開 藤近恵市
漢代人の生命観 清水浩子
代理母出産と仏教的生命観―四有思想を手がかりとして 金永晃
生(いのち)についての比較思想的一考察―玉城康四郎の「形なき純粋生命」を手がかりに 嶋田毅寛

Ⅱ 日本の信仰と生(いのち)
『日本霊異記』の〈母の甜き乳〉と『雑宝蔵経』―南方熊楠「月下氷人」に導かれて 増尾伸一郎
動植物をめぐる呪まじないとその心性―近世における生(いのち)と民間信仰 西野光一
国学者の世界認識と生と死の問題―平田篤胤を中心として 本多亮
『絵本 地獄 じごく』の研究―生(いのち)の教育における地獄絵の役割 森覚
(研究ノート)3・11東日本大震災後一ヵ月における仏教各宗派の活動 菊池結

まとめ―「あとがき」にかえて 猪股清郎

執筆者一覧

書評情報

「高野山時報」(2013年6月21日)にて、本書の紹介文が掲載されました。