基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

水門 25

ミナト ダイニジュウゴゴウ

水門 第二十五号

言葉と歴史

水門の会 編

定価 3,456円 (本体3,200円) 在庫あり

数量:

歴史文化研究の交流拠点、開港

歴史学・文学・言語学・民俗学など諸学の粋を集め、ジャンルを越えた新たな学問世界への扉を開く。

ISBN 978-4-585-01139-2 Cコード C1320
刊行年月 2013年11月 判型・製本 A5判・並製  388 頁
キーワード アジア, 交流史, 仏教, 古典, 日本史, 日本語, 民俗学, 漢文

目次

玄奘三蔵の慟哭―「唐三藏哭西天行記」と「漢将王陵変」「李陵変文」― 藏中しのぶ
唐代の仏教施設名称について―八・九世紀を中心として― 藤本誠
『懐風藻箋註』と鈴木真年―新資料『真香雑記』の「今井舎人」― 土佐朋子
真間手児名伝説歌の形成―「過」と「詠」の方法を通して― 大谷歩
韓国における『古事記』研究(一)―二〇〇〇~二〇〇二年の学術論文を中心に― 田中千晶
『和名類聚抄』所引「病源論」攷―『医心方』の引用手法との比較を中心に―李芊
東アジアにおける洗濯する女―「瓜子姫」を手係りに― 金鳳齢
其角句「越後屋に衣さく音や更衣」考 安保博史
竹内時安斎の筆跡について―地方文学生成論序説― 原豊二
清水浜臣編『人名和歌抄』について 深谷秀樹
『文章世界』所載「新語彙」について 福井淳子
近代「国文学」と近代「国文学史」の来し方と行く末―語義・概念・価値観・用語の再検討― 吉田比呂子
        *   *   *
《小特集》満洲語・漢語研究の多様性
清朝時代の満洲語の語末狭母音―現代シベ語の弱化母音と比較して― 早田輝洋
『満文水滸傳』の基礎的研究―Bibliotheque Nationale de France本を手掛かりに― 寺村政男
『満漢合璧西廂記』の総合的研究・その4 寺村政男(編) 荒木典子・鋤田智彦
『兼漢滿洲套話』の諸版本について 竹越孝
『満文天主実義』の言語の特徴と成立年代について 渡辺純成
『満文三国志』漢語語彙に後続する満洲固有語 鋤田智彦
『唐土名勝圖會』にみられる満洲語についての一考察―江戸期発刊和刻本より満文文献探索へのいざない― 大野広之
満洲語の属格―同格および連体節主語をあらわす場合― 早田清冷
『雨月物語』に見える漢語白話語彙の研究 于増輝
『通俗赤縄奇縁』について 荒木典子
日中學者《九弄圖》研究小史 丁峰
中世末期日本語における接続助詞ガについて―コリャード『さんげろく』を中心に― 小島和

彙報・編集後記

シリーズ詳細

水門