基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

ニホンゴシノシンシテントゲンダイニホンゴ

日本語史の新視点と現代日本語

小林賢次・小林千草 編

定価 14,040円 (本体13,000円) 在庫あり

数量:

日本語史・現代日本語研究を架橋し、総体としての日本語学研究を構築する

古代日本語から近代日本語への史的展開、近・現代日本語の形成、現代日本語文法の機能と表現、そして現代日本語の動態分析と対照研究という四つの視角より、日本語をめぐる諸問題を立体的かつ総合的に捉え、日本語学の新たな地平を示す画期的論集。
日本語史・現代日本語研究を架橋し、総体としての日本語学研究を構築する。

ISBN 978-4-585-28011-8 Cコード C3081
刊行年月 2014年3月 判型・製本 A5判・上製  640 頁
キーワード 中世, 古代, 国語学, 日本語, 近世, 近代, 近現代

目次

序文

第Ⅰ部 古代語から近代語へ
「文法上許容スベキ事項」と日本語史 小林賢次
久松切和漢朗詠集の和歌部分の表記について 中川美和
風カヲル考―漢語「薫風」との関連から― 池上尚
程度副詞体系の変遷—高程度を表す副詞を中心に— 田和真紀子
天理本『狂言六義』のテイル・テアルについて 野田高広
狂言台本における副詞「随分」 黄龍夏
狂言台本における例示の副助詞デモ 小林正行
成城大学図書館蔵狂言「悪太郎」の性格と表現 小林千草
翻刻 成城大学図書館蔵狂言「悪太郎」「骨皮」「墨塗」 小林千草 山岸麻乃・
浦谷陽子・峯村麻利子

第Ⅱ部 近代語の形成
「ガ」・「ケレド」類を構成要素とする接続詞の発達について―近世後期江戸語・明治期東京語における推移― 宮内佐夜香
江戸後期における〈する・なる〉の尊敬表現―「お~なさる」系、「~なさる」系、「お~だ」系を中心に― 山田里奈
江戸語から現代語に見られる禁止表現形式の変遷について 中田幸子
「しかし、暑いね」考―聴者の発話理解のための問い合わせ― 梅林博人
近代対訳コーパスにおける日韓の語種構成について―現代語との比較を通して― 張元哉
国語調査委員会編纂『口語法』『口語法別記』の位置づけ―編纂過程と大槻文彦― 田鍋桂子

第Ⅲ部 現代日本語の文法と意味
複合形容詞の研究―形容詞+形容詞の構成による場合― 漆谷広樹
「形容詞語基用法」について 近藤研至
現代日本語の非制限的連体修飾節の特性について 大島資生
僅少所要型の時間副詞の意味と用法―「いきなり、だしぬけに、にわかに」について― 金英児
談話における対称詞のいわゆる「無助詞」現象――「呼びかけ」の周辺―― 苅宿紀子
西日本方言における尊敬形「~テ(ヤ・ジャ・ダ)」の活用 小西いずみ
いわゆる「将然」とは何か―西日本方言のシヨル形と英語の現在進行形の対照を通じて― 梁井久江

第Ⅳ部 現代日本語の動態分析と対照研究
八幡浜方言アクセントについて 清水誠治
小説における「のである」「のであった」の使い分け―明治・大正期を中心として― 石出靖雄
談話における「謙遜」の構造と配慮―先行要素・後続要素の調査と「ほめ」との関連性から― 大野敬代
ブログにおける高年者のカタカナ表記の実態 土岐留美江
“すべて”の漢字表記について―改定常用漢字表 音訓の追加と学習漢字への一考察― 髙橋永行
『日本語基本語彙』考―辞典試案としての性格の検討を中心に― 饗場淳子
日中対照から見た中国語の文末助詞 井上優・黄麗華
「V+着」と〈V+テイル〉について 時衛国
日本語と韓国語の条件表現の対照研究―対応する韓国語の形態からみた日本語の形態の意義と働き― 金慶恵

あとがき

索引(用語・キーワード)

編著者プロフィール

小林賢次(こばやし・けんじ)
東京教育大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程中退、博士(文学)東京都立大学、東京都立大学名誉教授、元早稲田大学教育・総合科学学術院特任教授。1985年佐伯国語学賞を受賞。
主著に『日本語条件表現史の研究』『狂言台本とその言語事象の研究』(ひつじ書房)、『狂言台本を主資料とする中世語彙語法の研究』(勉誠出版)など。
なお、共編・共著として、『明鏡国語辞典』『問題な日本語 正・続・③・④』(大修館書店)など、現代語に関わる著作もある。

小林千草(こばやし・ちぐさ)
東京教育大学大学院文学研究科日本文学専攻修士課程修了、博士(文学)東北大学、東海大学文学部日本文学科特任教授。1985年佐伯国語学賞、2002年に新村出賞を受賞。
主著に『日本書紀抄の国語学的研究』(清文堂)、『中世のことばと資料』『中世文献の表現論的研究』(武蔵野書院)など。
なお、『女ことばはどこへ消えたか?』(光文社新書)、『『明暗』夫婦の言語力学』(東海教育研究所)など、現代語に関わる著作もある。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています