基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

コレカラノアーキビスト

これからのアーキビスト

デジタル時代の人材育成入門

NPO知的資源イニシアティブ 編

定価 2,700円 (本体2,500円) 在庫あり

数量:

アーカイブづくりの中心となる人材を、いかに養成するか?

技術的な観点だけでなく、社会制度としてのアーカイブづくりに貢献できる人材のあり方に視野を拡大。MLA連携や文化資源の組織化などを担える、デジタル化を前提とする将来的なアーキビストのあり方を論じる。

ISBN 978-4-585-20028-4 Cコード C1000
刊行年月 2014年4月 判型・製本 A5判・並製  256 頁
キーワード アーカイブズ, 博物館, 図書館

目次

まえがき 岡本真

01 アーキビストの役割と課題
日本のアーキビストの現状と問題点 毛塚万里
博物館・美術館にデジタル・アーキビストは必要か? 阿児雄之
日本近現代政治史料とアーキビスト 鈴木宏宗
interview アートをアーカイブする 工藤安代・清水裕子・井出竜郎

02 アーキビストの現場
情報通信文化資料の収集・継承とデジタル化 本間与之
公立図書館におけるアーキビスト的役割 蛭田廣一
写真のアーカイブ 植田憲司
歴史資料 松岡弘之
企業において求められるアーキビストの役割 朝日崇
「リブヨ」によるデジタルアーカイブ リブヨ
アーカイブズ関連情報の収集と発信 坂口貴弘
interview 「自宅ミュージアム」という新たな出会いの場 大井夏代・中野純

03 デジタル化とアーキビストの養成
多元的デジタルアーカイブズと記憶のコミュニティ 渡邉英徳
新しい養成制度とそれにふさわしい新たな職場開拓 谷口知司
デジタルアーカイヴィングの担い手 佐々木秀彦
interview 「地域アーカイブ」と「震災アーカイブ」 佐藤正実

総括的な論考 高野明彦
あとがき 柳与志夫

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています