基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

チュウセイショウエンノカンキョウコウゾウトチイキシャカイ

中世荘園の環境・構造と地域社会

備中国新見荘をひらく

海老澤衷・高橋敏子 編

定価 8,640円 (本体8,000円) 在庫あり

数量:

史料と環境から読み解く中世荘園の実体

平安時代末期より戦国期にいたるまで長い命脈を保った備中国新見荘。
東寺領であったことより東寺百合文書等に多くの文献史料が残り、また、中世村落の景観を垣間見ることのできる環境を有する日本中世史研究における稀有なフィールドである。
本書では文献資料の分析を軸に政治史・経済史・環境論・古文書学等にまたがる多面的な検証により、生産・流通、自然環境、地域社会、支配構造など、中世荘園をめぐる歴史的状況を立体的に描き出す。

ISBN 978-4-585-22090-9 Cコード C3021
刊行年月 2014年5月 判型・製本 A5判・上製  376 頁
キーワード 中世, 室町, 日本史, 鎌倉

目次

はじめに 海老澤衷

Ⅰ 自然環境と生産・収取
応永~寛正年間の水干害と荘園制 伊藤俊一
新見荘における代銭納の普及過程 川戸貴史
新見荘代官祐清の年貢収取及びその評価を巡る再検討 久下沼譲
新見荘の漆―生産・収納・流通・分配― 飯分徹

Ⅱ 荘園支配の構造
最勝光院領備中国新見荘領家職相論の再検討 大島創
新見荘と寺領惣安堵―一通の御判御教書案を通じて― 土山祐之
新見荘をめぐる大覚寺覚勝院と細川氏・安富氏 川﨑玉幸
中世後期における御影供執事役について 貫井裕恵

Ⅲ 地域社会と荘園・公領
備中国国衙領の支配構造と新見荘 大澤泉
百姓等申状・三職等注進状の収集と分析 辰田芳雄
下地中分後の室町期荘園―備中国新見荘地頭職・地頭方と新見氏― 似鳥雄一
中世の在地社会と徳政 酒井紀美

あとがき 高橋敏子

論文執筆者一覧

編著者プロフィール

海老澤衷(えびさわ・ただし)
1948年生。早稲田大学文学学術院教授・文学研究科長。専門は日本中世史。
主要著書に、『荘園公領制と中世村落』(校倉書房、2000年)、論文に、「中世における水田開発と鉄生産―備中国新見荘の場合―」(『水の中世―治水・環境・支配―』(高志書院、2013年)、「文化的景観の危機と再生―東アジアの村落景観をめぐって―」(WASEDA RILAS JOURNAL NO.1、2013年)などがある。

高橋敏子(たかはし・としこ)
1955年生。東京大学史料編纂所准教授。専門は日本中世史。
主要論文に、「中世の荘園と村落」(近藤成一編『日本の時代史9 モンゴルの襲来』(吉川弘文館、2003年)、「若狭国太良荘の地下来納」(『南山経済研究』19-3、2005年)、「「東寺長者補任」の類型とその性格」(東寺文書研究会編『東寺文書と中世の諸相』思文閣出版、2011年)などがある。

書評情報

「日本歴史」第806号(2015年7月号)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:渡邊太祐(三井化学株式会社))