基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

ワタクシショウセツセンネンシ

私小説千年史

日記文学から近代文学まで

勝又浩 著

定価 2,592円 (本体2,400円) 在庫あり

数量:

日本語にとって「私小説」とは何か

日本語がつくり上げた日本の文学―日記文学、和歌や俳句、随筆を経て、私小説という表現手法が生まれた道筋、その生い立ちを浮かび上がらせる。

ISBN 978-4-585-29082-7 Cコード C1095
刊行年月 2015年1月 判型・製本 四六判・上製  256 頁
キーワード 古典, 評論, 近現代

目次

はじめに

Ⅰ 日本語にとって「私小説」とは何か
 序、随筆とエッセー
 一、日記の国
 二、歌の国
 三、日本語としての「私」

Ⅱ 「私」にとって小説とは何か
 一、語り部の資格と日本の「小説道」――伊藤桂一と志賀直哉
 二、小説と随筆の境界――志賀直哉『沓掛にて』
 三、書くことへの自意識――辻潤『小説』
 四、生きる「私」と書く「私」――小島信夫の現在進行形小説

あとがき/索引

編著者プロフィール

勝又浩(かつまた・ひろし)
1938年横浜市生まれ。文芸評論家。法政大学文学部名誉教授。『文学界』『季刊文科』『三田文学』などで同人雑誌を担当してきた。「我を求めて――中島敦による私小説論の試み」で第17回群像新人文学賞評論部門、『中島敦の遍歴』で第13回やまなし文学賞研究・評論部門を受賞。
著書に、『引用する精神』(筑摩書房、2003)、『「鐘の鳴る丘」世代とアメリカ』(白水社、2012)など多数。

書評情報

・「東京新聞(夕刊)」(2015年2月25日)にて、本書の紹介文が掲載されました。
「週刊読書人」(2015年4月3日)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:千石英世(文芸評論家))
・第28回和辻哲郎文化賞を受賞致しました。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています