基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

アジア遊学 181

ナンソウノカクレタベストセラーイケンシノセカイ

南宋の隠れたベストセラー『夷堅志』の世界

伊原弘・静永健 編

定価 2,592円 (本体2,400円) 在庫あり

数量:

夢のお告げに、おまじない、憑依、失踪、天変地異、ふとした拾い物や、九死に一生を得た臨死体験など、この世には人知では予測不能で不可思議な出来事がいっぱい…。
そんな巷間の軼事や伝説、うわさ話などを集めたのが『夷堅志』である。そこからは南宋時代の人々の信仰や深層心理、また他の資料ではわからない細かな社会習慣など、さまざまなものが見えてくる。まさに中世アジア研究の宝庫。
八百年前の都市伝説の世界に皆さんをご招待しましょう。

ISBN 978-4-585-22647-5 Cコード C1398
刊行年月 2015年4月 判型・製本 A5判・並製  240 頁
キーワード 中国, 出版, 古典, 文化史, 東アジア

目次

【序】
臨安の街角で『週刊宋代』を読むと 伊原弘

【Ⅰ 『夷堅志』が語る世界】
冥府から帰還した話 松本浩一
「薛季宣物怪録」―『夷堅志』「九聖奇鬼」を読む 福田知可志
『夷堅志』と言語遊戯 岡本不二明
洪邁の『夷堅志』におけるナラトロジー的あいまい性 アリスター・イングリス
詩人の夢、詩人の死――蘇軾と鄭侠の物語をめぐって 浅見洋二
夢占いと科挙―『夷堅志』と夢の予兆 高津孝

【Ⅱ 『夷堅志』から見えてくるもの】
社会史史料としての『夷堅志』―その魅力と宋代社会史研究への新たな試み 須江隆
『夷堅志』と人間法 ―― 宋代の霊異案件 柳立言
宋代の冥界観と『夷堅志』―冥界の川を中心に 安田真穂
『夷堅志』からみた宋代女性の飲食生活 塩卓悟
洪邁の『夷堅志』に見える医療知識 TJヒンリクス

【Ⅲ 魅力ある南宋の文人たちへ】
洪邁と王十朋 甲斐雄一
近年の宋代文学研究の回顧と再考 王水照
『夷堅志』による正統史学の突破と脱構築 林嵩
洪邁の蘇集編纂への視線 原田愛
洪邁の死と『夷堅志』の偽書疑惑―『宋史』洪邁伝に記された卒年をめぐって 陳翀  

【Ⅳ 中国小説研究への新たな展望】
『夷堅志』と『太平広記』の距離―狐妖婚姻譚の変遷を手がかりに 屋敷信晴
「現象」としての『夷堅志』―金元研究の視座から見た『夷堅志』研究の可能性 奥野新太郎
明代の白話小説と『夷堅志』 川島優子
明代後期における『夷堅志』とその影響 大塚秀高
ラフカディオ・ハーンと和訳本『夷堅志』のこと 静永健

シリーズ詳細

アジア遊学

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています