基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

チュウゴクガクニュウモン

中国学入門

中国古典を学ぶための13章

二松學舍大学文学部中国文学科 編

定価 1,728円 (本体1,600円) 品切れ

品切れ

ようこそ、文化の宝庫へ

中国の文学・歴史・思想・芸術などの文化を研究する「中国学」。
歴史をひもとけば分かるように、私たちの精神や思想の背景には、広く中国や朝鮮半島など東アジアからの影響がある。中国学を学ぶことは、自分自身を知ることにつながるだろう。
古代から20世紀にいたる中国文化の展開や日本における影響を概観し、その豊穣な世界を分かりやすく紹介する。
中国古典を学ぶために必携の一冊!

ISBN 978-4-585-20033-8 Cコード C1000
刊行年月 2015年4月 判型・製本 A5判・並製  232 頁
キーワード 中国

目次

はじめに

◎古文字学   中国古代文字論―二十一世紀の古文字学― 戸内俊介
◎古代歴史書  物語伝承と歴史書―晋文公の放浪譚と史書『国語』― 小方伴子
 ◆コラム  日本における『国語』の受容と訓点本 小方伴子
◎古代思想   経書略説―五経を中心にして― 野間文史
◎中国文学論  中国文学という方法―両漢・六朝から唐代までの文学意識と詩文― 牧角悦子
 ◆コラム  夏目漱石と漢詩 牧角悦子
◎宋明思想   宋代士大夫の思想とその展開―宋学と明学― 田中正樹
◎古典小説   「三国志」を文学する―『三国志』から『三国志演義』へ― 伊藤晋太郎
 ◆コラム  神になった「三国志」の英雄 伊藤晋太郎
◎二十世紀文学 文豪老舎―その生涯と作品― 武永尚子

◎中国書道紀行 禹域遊行で書を学ぶ―作品の生まれた場所で大地の鼓動を感じる― 源川彦峰
◎中国書道   偉人、王羲之と陶淵明を書く! 髙澤浩一
◎日本書道   日本書道史が蓄えた書美―中国書法の摂取と創造の熱意― 福島一浩

◎日本漢学   日本漢学略史―日本における中国学術文化の〝学び〟―  町泉寿郎
◎書誌学    漢籍書誌学のすすめ―古本整理案内記― 高山節也
◎古代文学   銘文から『詩経』へ 家井眞

お役立ちサイト集
執筆者一覧

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています