基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

カラーズセツ グリムヘノトビラ

カラー図説 グリムへの扉

大野寿子 編

定価 2,592円 (本体2,400円) 在庫あり

数量:

世界でもっとも有名な童話集へ誘う決定版ガイドブック!

『グリム童話』は、170以上の言語に翻訳され、絵本、挿絵、舞台芸術、映画、アニメ、漫画など様々なメディアを通じ、200年の時を超え、いまなお世界中で愛され続けている。
ドイツ・グリム兄弟博物館所蔵の貴重資料や古今東西の挿絵など、250点を超えるカラー図版を掲載。グリム兄弟の思想や人となり、挿絵の変遷と影響関係、日本における受容史、他文化圏の民話との比較研究など、「グリム」を通して、異文化やメルヒェンの多彩な学びの方法とその楽しみを提示する。

ISBN 978-4-585-29093-3 Cコード C0098
刊行年月 2015年5月 判型・製本 A5判・並製  352 頁
キーワード 文化史, 総記, 西洋

目次

序章 グリムへの誘い 大野寿子

Ⅰ章 グリム兄弟の人物像をたどる
 グリム兄弟と故郷ヘッセンとの相反的な関わり ハルム‐ペア・ツィンマーマン
 「子どもと家庭」に込められたグリム兄弟のメルヒェン観 田口武史

Ⅱ章 グリム童話と挿絵の歴史をたどる
 『子どもと家庭のメルヒェン集』200年―グリム童話の挿絵と影響の歴史 ベルンハルト・ラウアー
 挿絵からみたグリム童話―日本における西洋の影響 西口拓子
 19世紀西洋視覚とジャポニスム―挿絵の世界は切られてなんぼ 高橋吉文

Ⅲ章 グリム童話研究の歩みをたどる
 メルヒェンと伝説、その驚きの世界観―変身物語を中心に 溝井裕一
 明治期におけるグリム童話の翻訳と受容―初期の英語訳からの重訳を中心に 野口芳子
 グリム童話と比較民話学 竹原威滋

Ⅳ章 グリム兄弟博物館の歴史をたどる
 カッセル・グリム兄弟博物館1959-2014 ベルンハルト・ラウアー
グリム兄弟博物館ポスターギャラリー

 参考資料① グリム童話を学ぶ人のための文献目録 竹原威滋
 参考資料② 『子どもと家庭のメルヒェン集』第7版目次
 参考資料③ 『子どもと家庭のメルヒェン集』「小さな版」第1版目次
 参考資料④ 『ドイツ伝説集』第1版/第3版目次

おわりに  大野寿子

編著者プロフィール

大野寿子(おおの・ひさこ)
東洋大学文学部准教授。愛知教育大学専任講師を経て、2007年より東洋大学文学部准教授。専門はドイツ文学・民俗学。グリム童話を中心としたグリム兄弟の業績を、文献学的立場から研究。研究テーマとして、森と人間との関わりなど。
主な著書に、『黒い森のグリム―ドイツ的なフォークロア』(単著、郁文堂、2008年)、『超域する異界』(編著、勉誠出版、2013年)などがある。