基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ダイトウアセンソウハアメリカガワルイ

大東亜戦争は、アメリカが悪い

鈴木敏明 著

定価 3,456円 (本体3,200円) 在庫あり

数量:

定年ビジネスマンが歴史を書替える!!

「日本だけがすべて悪い」という自虐史観の前提なしに、「戦争にも相手がある」という現実感覚で、海外資料を博捜、事実関係を再確認、そこに真実が浮上した。
素人だからストレートに書けた、別格おもしろ近代史読本!
英語版・デジタル版を同時発売・海外へ発信!

「この本は、いまだに大東亜戦争日本悪玉論を主張してやまない外国人や日本人知識人に対する、定年サラリーマンの挑戦です」

ISBN 978-4-585-22134-0 Cコード C0020
刊行年月 2015年11月 判型・製本 四六判・並製  800 頁
キーワード 戦争, 日本史, 昭和, 近現代

目次

第一章 「砲艦外交」による日本の開港
第二章 明治維新
第三章 日清戦争
第四章 日露戦争
第五章 アメリカの対日憎悪と対日敵視
第六章 アメリカの侵略主義
第七章 明治天皇の存在意義
第八章 明治時代の問題点
第九章 中華民国の成立
第十章 第一次世界大戦
第十一章 パリ講和会議と国際連盟
第十二章 大東亜戦争への道になったワシントン会議
第十三章 対日経済封鎖
第十四章 ロンドン軍縮会議
第十五章 満州事変に関する予備知識
第十六章 満州事変
第十七章 支那事変(日中戦争)
第十八章 アメリカの中国観
第十九章 支那事変の泥沼化とアメリカの反応
第二十章 日独伊三国同盟
第二十一章 大東亜戦争勃発
第二十二章 大東亜戦争に勝者なし
終 章 大東亜戦争の意義

編著者プロフィール

鈴木敏明(すずき・としあき)
昭和13年神奈川県生まれ。昭和32年、県立鎌倉高校卒業後、外資系5社を渡り歩いて定年。著作活動に専念する。
本書のほか、『えんだんじ―戦後昭和の一匹狼』(文芸社、2015年)、『保守知識人を断罪す。「つくる会」苦闘の歴史』(総和社、2013年)、『逆境に生きた日本人』(展転社、2008年)、『原爆正当化のアメリカと「従軍慰安婦」謝罪の日本』(展転社、2006年)などの著書がある。
えんだんじのブログ http://www.endanji.com/