基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ゲンジモノガタリロン

源氏物語論

女房・書かれた言葉・引用

陣野英則 著

定価 8,640円 (本体8,000円) 在庫あり

数量:

作中人物として物語に関与し、語り手・書き手・読み手としてその生成と享受に携わる女房たち。
物語を織りなす言葉のネットワークとも多元的に関わりつづける女房たちのありように着目しつつ、物語の内と外との連環をもたらす『源氏物語』の方法を明らかにする。

ISBN 978-4-585-29120-6 Cコード C3095
刊行年月 2016年2月 判型・製本 A5判・上製  528 頁
キーワード 中古, 古典, 平安, 評論

目次



Ⅰ 女房たちの関与する物語
 第一章 『源氏物語』の多種多様な「読者たち」と享受
 第二章 『源氏物語』の「いろ」と女房たち―〈いろごのみ〉論、〈王権〉論のあとに―
 第三章 玉鬘と弁のおもと―求婚譚における「心浅き」女房の重要性―
 第四章 主人格の女性と女房たちとの間
 第五章 朧月夜の君論―女房たちとの連続性―
Ⅱ 物語の言葉・語り手・手紙
 第一章 自らの言葉を処分する仮名文書―平安時代の和文―
 第二章 『源氏物語』の言葉と手紙
 第三章 語り手の言葉に先立つ手紙―「須磨」および「朝顔」巻の例から―
 第四章 「梅枝」巻の書、書物と手紙―「雨夜の品定め」との照応―
 第五章 同語反復表現の諧謔性と志向性―「藤のうら葉」巻論(一)―
 第六章 語り手たちと和歌の共同性―「藤のうら葉」巻論(二)―
 第七章 和歌を詠まない人々
Ⅲ 「引用」と言葉のネットワーク
 第一章 『源氏物語』とその同時代文学における「引用」の再検討
 第二章 『伊勢物語』と『源氏物語』をつなぐ古注釈―的はずれにみえる注記のみなおし―
 第三章 古注釈の示唆する『源氏物語』の和歌的表現―古歌の「引用」―
 第四章 『白氏文集』引用における変換の妙―「篝火」巻の場合―
 第五章 帝の葬送儀礼―桐壺院の「御国忌」をめぐって―
Ⅳ 「宇治十帖」の言葉
 第一章 「物語」の切っ先としての薫―「橋姫」「椎本」巻の言葉から―
 第二章 「総角」巻の困惑しあう人々―「いとほし」の解釈をめぐって―
 第三章 弁の尼を超える薫―「宿木」「東屋」巻の言葉から―
 第四章 浮舟と小野の妹尼―「手習」「夢浮橋」巻の言葉から―
付章 Waka in The Tale of Genji:Characters Who Do Not Compose Waka


索 引

編著者プロフィール

陣野英則(じんの・ひでのり)
早稲田大学文学学術院教授。専門は平安時代文学、物語文学。
著書に『源氏物語の話声と表現世界』(勉誠出版、2004年)、『平安文学の古注釈と受容』第一集~第三集(共編、武蔵野書院、2008~2011年)、『世界へひらく和歌 Waka Opening Up to the World』(共編、勉誠出版、2012年)などがある。