基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

セゴドンニュウモン

西郷どん入門

北影雄幸 著

定価 1,944円 (本体1,800円) 在庫あり

数量:

日本の英雄豪傑の中で、最も人々に愛され、日本人の美徳を体現する人物、西郷隆盛。
その知られざる劇的な一生を振り返り、人間像や思想、美学、人間関係を多様な史料から明らかにする。

ISBN 978-4-585-21533-2 Cコード C0021
刊行年月 2017年8月 判型・製本 四六判・並製  256 頁
キーワード 幕末, 日本史, 明治, 評論, 近代

目次

まえがき
Ⅰ 西郷どんの劇的な一生を振り返る
 少年時代/郡方書役助/主従の絆/安政の大獄/ 奄美大島/沖永良部島/幕末の動乱/廃藩置県/征韓論争/西南戦争/

Ⅱ 西郷どんの人間像を把握する
西郷どんの外見  容貌/体格/たたずまい/行動/服装/食事
西郷どんの性格  安民思想/平等感/庶民性/子供好き/懐旧の情/惻隠の情/礼儀正しさ/質素倹約/大らかさ/ユーモア/不動心

Ⅲ 西郷どんの思想を検証する
『南洲翁遺訓』の読み方
 天の思想   敬天愛人 天を敬す 天と人 天道の実践
 道   道を行なう事 道を行なう覚悟 道を行なう者 道を志す者 道を践む者 
正道と詐謀
 誠   一箇の真誠 誠と才 至誠の地位 至誠と慎独 公平至誠
 政治   政治の三要素 国家を維持する道 上に位する者 忠孝仁愛教化の道 
 外交   殉国の精神 政府の本務 愛国忠孝の心 文明と野蛮
 人間観   仕末に困る人 人は第一の宝 自己愛 常なる克己 真の英雄 浩然の気
 日常心得  規模宏大 歴史の学び方 向上心 過ちの対処法 真の機会 思慮の時 猶予狐疑

『手抄言志録』の読み方
 武士道心得   青天白日 暗夜の一燈 独立自信 憤の一字 不退転の覚悟
 真の果断 忠孝両全
 知行合一   行為と心 知と行 知行合一 武と文 天の思想 天と人 
天に事ふる 人情と天理 我が身は天物 天道と行動 真の果断 
忠孝両全 
 心と志   心と老い 心の安否 自彊の心 立志 男子担当の志
 勇気   勇と怯 義と勇 英気と圭角 英気の出し方
 日常心得   着眼点 慎独と応酬 克己復礼 毀誉得喪 清快な心 尊ぶ所 
正路を行く 君子と小人 自戒

Ⅳ 西郷どんの美学を感得する
『島津いろは歌』鑑賞
「西郷南洲漢詩」鑑賞
 士魂烈々/尊王心/楠公敬慕/送別/人物詠

Ⅴ 西郷どんを取り巻く人々を理解する
 西郷家の人々
   西郷吉兵衛 西郷まさ  西郷吉二郎 西郷従道 西郷小兵衛
   愛加那 西郷菊次郎 西郷糸 西郷寅太郎
 親戚の人々
   椎原国幹 大山巌 大山誠之助 市来正之丞 市来宗介
 加治屋町の人々
   大久保利通 有村次左衛門 有村雄助 伊地知正治 吉井友実
 薩摩軍の人々
   篠原国幹 桐野利秋 村田新八 別府晋介 辺見十郎太 永田熊吉 
 薩摩の人々
   無参禅師  島津斉彬 島津久光 島津忠義 桂久武 小松帯刀
   迫田太次右衛門 樺山三円 税所篤 有馬新七 益満休之助
   黒田清隆 横山安武  川村純義 大山綱良
 奄美の人々
   龍富謙 得藤長 木場伝内 琉仲為 龍禎用喜 操坦栽 土持政照
   川口雪篷
 他国の人々
   長岡監物 春日潜庵 藤田東湖 会沢正志斎 月照 平野国臣
   梅田雲浜 橋本左内 真木和泉 武田耕雲斎 藤田小四郎 勝海舟
   中岡慎太郎 坂本龍馬 木戸孝允 横井小楠 大村益次郎
   後藤象二郎 酒井忠篤 菅実秀 副島種臣 板垣退助 伊藤博文
   井上馨 江藤新平 前原一誠 大隈重信 山県有朋 近衛忠煕
   三条実美 岩倉具視

【参考】西郷隆盛関連略年表

編著者プロフィール

北影雄幸(きたかげ・ゆうこう)
1949年東京都生まれ。早稲田大学卒業。若き頃より短歌の道を志し、日本語の美しさを学ぶ。平成年代に入り、[男の生きざま]をテーマに、武士道と軍人精神の究明に傾倒し、関連書籍の出版を重ねる。『甲陽軍鑑』を、武士道をキーワードに読み解いた『実録・風林火山―「甲陽軍鑑」の正しい読み方』(2007年)にて、第25回日本文芸大賞・歴史文芸賞を受賞。
その他の著書に、『三島由紀夫と「葉隠」』(2006年)、『武士道の美学』、『武家女性の美学』(2011年)、『戦国 十冊の名著』、『幕末 十冊の名著』(2012年)、『修身尋常小学校教科書に学ぶ』(2013年)、『武士道基本用語事典』(2013年)、『山頭火秀句鑑賞事典』(2014年)、『山頭火旅情鑑賞事典』(2014年)、『幕末の名著・檄文総解説』(2014年)などがある。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています