基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

石井正敏著作集 3

コウライ ソウゲントニホン

高麗・宋元と日本

石井正敏 著/川越泰博・岡本真・近藤剛 編

定価 10,800円 (本体10,000円) 在庫あり

数量:

虚心に史料と対峙し、地域・時代を越えて数々の卓越した業績を残した碩学の軌跡

唐・新羅の滅亡以後の政治勢力交代を経た十~十四世紀の東アジアの世界像を史料学的考察を軸に活写した業績十一篇を集成。

ISBN 978-4-585-22203-3 Cコード C3020
刊行年月 2017年9月 判型・製本 A5判・上製  456 頁
キーワード アジア, 世界史, 中世, 交流史, 古代, 日本史, 近世

目次

序 言 川越泰博・岡本真・近藤剛

Ⅰ 日宋貿易と日麗交流
 1 十世紀の国際変動と日宋貿易
 2 肥前国神崎荘と日宋貿易―『長秋記』長承二年八月十三日条をめぐって―
 3 年未詳五月十四日付源頼朝袖判御教書案について―島津荘と日宋貿易―
 4 高麗との交流
 5 日本・高麗関係に関する一考察―長徳三年(九九七)の高麗来襲説をめぐって―
 6 『小右記』所載「内蔵石女等申文」にみえる高麗の兵船について

Ⅱ 日元・日麗外交と文書
 7 至元三年・同十二年の日本国王宛クビライ国書について―『経世大典』日本条の検討―
 8 文永八年来日の高麗使について―三別抄の日本通交史料の紹介―
 9 文永八年の三別抄牒状について
 10 『異国牒状記』の基礎的研究
 11 貞治六年の高麗使と高麗牒状について

第三巻初出一覧
索 引

編著者プロフィール

石井正敏(いしい・まさとし)
中央大学名誉教授。専門は古代・中世対外関係史。
著書に『日本渤海関係史の研究』(吉川弘文館、2001年)、『東アジア世界と古代の日本』(山川出版社、2003年)、『鎌倉「武家外交」の誕生』(NHK出版、2013年)などがある。

川越泰博(かわごえ・やすひろ)
中央大学名誉教授。専門は中国近世史。
著書に『永楽政権成立史の研究』(汲古書院、2016年)などがある。

岡本真(おかもと・まこと)
東京大学史料編纂所助教。専門は日本中近世対外関係史。
論文に「「堺渡唐船」と戦国期の遣明船派遣」(『史学雑誌』124-4、2015年)などがある。

近藤剛(こんどう・つよし)
開成中学校・高等学校教諭。専門は日本・高麗関係史。
論文に「『平戸記』所載「泰和六年二月付高麗国金州防禦使牒状」について」(『古文書研究』70、2010年)などがある。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています