基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

アジア遊学 74

アジアノイエシャカイ

アジアの家社会

編集部 編

定価 1,944円 (本体1,800円) 在庫あり

数量:

ISBN 978-4-585-10325-7 Cコード C
刊行年月 2005年4月 判型・製本 A5判・並製  208 頁
キーワード

目次

■特集
「家社会」とは何か/小池誠
日本の家社会/波平恵美子
二チプ、門中と父系意識の変化―韓国のイエ/秀村研
民家の間取りに現れた家族のかたち―中国・漢族の「家(jia)」と日本のイエ/瀬川昌久
台湾の山地で「家」を語ること―先住民族ルカイの社会に即して/笠原政治
イエとクラン―台湾先住民・ブヌン社会における「クラン」概念再考/石垣直
へそのある家―南スラウェシ、ブギス・マカッサルの家屋から/伊藤眞
東インドネシア・スンバの「家」と祭祀―どこが日本のイエと違うのか/小池誠
この世の家とあの世の家に連なる人びと―トバ・バタックの伝統家屋と改葬墓をめぐって/池上重弘
タイ北部山地民ユーミエンのピャオ(「家」)―居住・生業・祖先祭祀/吉野晃
南ラオスの家とその戦略/中田友子
贈与される土地―ミクロネシア・オレアイ環礁の屋敷地集団の側面/柄木田康之
家と墓のあいだ―マダガスカル、シハナカにおける個別性と永遠性の次元/森山工
オーストリア農村の家―「家の自立」と人の「自立」/森明子
■コラム
満族の家族と祖先祭祀/劉正愛
縮小する家・拡大する家―太平洋サモアの家と海外移民/山本真鳥
混乱するイエの位置づけ―母系的社会パラオにおける近代化とイエの変容/遠藤央
屋敷地縁から血縁へ―青森・岩手・秋田県境地域の家と同族/大野啓
■連載
ユーラシアの祭り・村の土埃り 続編(第五回)英雄叙事詩―キルギス・モンゴル/星野紘

シリーズ詳細

アジア遊学