基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

アジア遊学 126

キンノブンカシ コト

〈琴〉の文化史

東アジアの音風景

上原作和 企画/編集部 編

定価 2,160円 (本体2,000円) 品切れ

品切れ

〈七絃琴〉は遣唐使によって中国大陸から日本にもたらされ、『源氏物語』や先行する『うつほ物語』、下っては江戸時代の漢詩・文人画に多大な影響を与えた。
東アジアの琴文化受容の諸相を文学、歴史学、音楽史学などの多角的視点から考察する。

ISBN 978-4-585-10423-0 Cコード C1392
刊行年月 2009年9月 判型・製本 A5判・並製  224 頁
キーワード

目次

Ⅰ 東アジア琴学史の構想

平安時代音楽史研究の課題/荻美津夫
歌(人+舞)所・風流侍従と和琴師―古代音楽思想史の一面/増尾伸一郎 
「琴」の贈答―仁明天皇の算賀を手がかりとして/皆川雅樹 
日本古代のコトについて/小島美子 
暑げなるもの琴の袋―『枕草子』と七絃琴/石田百合子
誌上コンサート 古韻新声/余明

Ⅱ 日本古代音楽文化の成立

聖なる琴の文化圏/西本香子
吉備真備の礼楽思想―『続日本紀』天平七年四月二十六日条を始発として
  /中丸貴史
『懐風藻』の〈琴〉―その用例と表現の特徴をめぐって/西野入篤男
遣唐使と七絃琴―歴史と文学の間から/原 豊二

Ⅲ 王朝物語史の音風景
『うつほ物語』の音楽と樹木神話/正道寺康子
宮廷社会と楽器/豊永聡美 
女君たちの音風景―女三の宮の微笑み/三村友希
『源氏物語』六条院の女楽をめぐって/高橋 亨
『原中最秘鈔』の琴学史―琵琶西流の席巻と「胡笳の調べ」説の退潮/上原作和
『源氏物語』の音楽研究史―七絃琴を中心に/笹生美貴子

Ⅳ 琴学文化の中国と日本
唐代における琴文化の成熟/中 純子  
北宋の文人と琴―王禹■について/池澤滋子 
中世天皇家の楽/池和田有紀  
梁川紅蘭の「買琴歌」/徳田 武 
紅塵堆裏に紅塵を避く―妻鹿友樵の漢詩/池澤一郎  

連載
続 本朝文粋抄 19/後藤昭雄 
天理参考館の中国玩具資料19/中尾徳仁
アジアの美術を楽しむ27/片山真理子 

シリーズ詳細

アジア遊学