基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

カンブンクンドクトキンダイニホンゴノケンキュウ

漢文訓読と近代日本語の形成

齋藤文俊 著

定価 8,100円 (本体7,500円) 在庫あり

数量:

「漢文訓読」という「型」から日本語を再考する。

漢文という外国語を日本語へ翻訳するシステム、「漢文訓読」。古来受け継がれてきた訓読語法は、近世において大きく変遷し、近代日本語形成の過程にも影響を与えてきた。漢文資料はもとより、蘭学・英学資料、さらには近代の日本語資料を渉猟し、漢文訓読という型のもたらした史的影響を明らかにする。

ISBN 978-4-585-10451-3 Cコード C3021
刊行年月 2011年2月 判型・製本 A5判・上製  320 頁
キーワード 国語学, 漢文, 近世, 近代

目次

序 章 近世・近代の言語文化と漢文訓読

第一章 近世漢文訓読語法の変遷とその特徴
第二章 漢文訓読史上の一斎点
第三章 近世漢文訓読と時の助動詞
第四章 近代漢文訓読体と時の助動詞
第五章 近世漢文訓読と可能表現
第六章 近世漢文訓読と当為表現
第七章 近世漢文訓読と敬語表現
第八章 近代邦訳聖書における二人称代名詞「爾」と「あなた
第九章 言文一致と漢文訓読語法

終 章 漢文訓読と「型」

あとがき
参考文献
索引