基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

コウヨウグンカンコウチュウ ジョサツ

甲陽軍鑑校注 序冊

酒井憲二 編著

定価 5,184円 (本体4,800円) 在庫あり

数量:

激動の戦国時代を生きた武田信玄のすべてを、戦国時代の日本語で読む

武田信玄・勝頼の言動・合戦記事・思想を記し、のち、甲州流軍学の聖典として親しまれた『甲陽軍鑑』。その最善本「三井家旧蔵土井忠生本」に校訂、註を付した。
歴史・語学・文学研究者必携の「校註 甲陽軍鑑」、いよいよ刊行開始!

ISBN 978-4-585-22006-0 Cコード C3021
刊行年月 2013年1月 判型・製本 A5判・上製  304 頁
キーワード 中世, 戦国時代, 日本語, 軍記, 近世

目次

自序 私の甲陽軍鑑研究

推奨文
期して待つべし―酒井憲二校注『甲陽軍鑑』の刊行に寄せて 京都教育大学名誉教授 大塚光信
『校注 甲陽軍鑑』刊行の意義 東京大学名誉教授・立正大学教授 黒田日出男
室町末期の武士と読書―私にとっての甲陽軍鑑 図書館情報大学(現筑波大学)名誉教授 竹内悊

凡例・全九冊目録・参考図版
 
巻一 甲陽軍鑑 一之二三四
口書
目録
巻九 甲陽軍鑑 合戦之巻一
一 武田晴信公幼立之事
二 晴信公信州海の口の城責取被成事
三 信虎公追出之事
四 甲州にら崎合戦之事
五 晴信公十九歳にて其一年無行儀之事、并、信州ねんばのべ山合戦之事、同、つたき合戦之事 付詩作之事
六 信州海尻合戦之事
七 甲州小荒間合戦之事
八 甲信境、瀬沢合戦之事
九 信州平沢合戦之事
十 晴信公信州諏訪郡へ焼動之事、并、板垣信形尾阿ノ城責落事
十一 信州大門トウゲ合戦之事、付佐久ノ郡相木甲付へ出仕ノ事
十二 晴信公山本勘助ヲ被 二召出一事
十三 信州諏訪頼茂御成敗之事
十四 典厩御大将ニテ板垣信形諏訪衆ト一戦之事 付勝頼公御誕生之事、山本勘助ニ弓矢の取沙汰諸国ノ様子御尋之事
十五 信州塩尻合戦之事
十六 板垣信形伊奈衆トセリ合之事、付伊奈衆と板垣セリ合、晴信公御批判之事
十七 晴信公桔梗原方々焼動之事
十八 晴信公山本勘助ニ城取軍法御尋之事
十九 信州戸石合戦之事
廾 山本勘助ニ足軽知行加増被レ成事
廾一 信濃上野境碓氷峠合戦之事、付板垣信形同日ニ同敵ト初合之事、勝時ノ儀式之事、板垣信形振舞之事
廾二 真田弾正武略之事、付村上義清人数アツムル事
廾三 晴信公碓氷峠に板垣被二残置一事
廾四 晴信公板垣弥二郎扇哥被レ遊事
廾五 晴信公山本勘助ニ軍法備ノ立様御尋之事
廾六 法度善悪之事、并、大内殿之事
廾七 伊那へ御手遣之事
廾八 板垣村上方へ大物見を出す事、并、原美濃手立之事
廾九 晴信公小笠原持分方々焼動之事
卅 信州上田原合戦之事
卅一 村上義清越後ノ長尾景虎ヲ頼事
卅二 信州うんのだいら合戦之事
卅三 長尾景虎之武者ブリ批判之事
卅四 多田淡路小笠原方へ夜討之事、并、秋山伯耆伊奈衆セリ合之事
卅五 浅利小宮山松枝衆トセリ合之事
卅六 甲府御旗屋不思儀之事

付録
人名索引/地名索引/被注語索引

編著者プロフィール

酒井憲二(さかい・けんじ)
昭和3(1928)年1月15日、酒井與蔵・美世里の長男として、福井県今立郡北中山村川島(現鯖江市川島町)に生まれ育つ(「川島」は『太平記』に8度も名の出る川島惟頼公の在所)。
北中山尋常高等小学校(卒業時は「北中山村国民学校」)・福井師範学校(小学校入学から終戦まで11年半、無欠席)・日本大学文学部国文学科(二部)をそれぞれ主席で卒業。文学博士(日本大学第4003号)。
鯖江市中央中学校、東京都墨田区言問小学校、都立小松川高校・上野高校〔いずれも定時制課程〕教諭、山梨県立女子短期大学(現山梨県立大学)講師、図書館短期大学助教授(図書館大学(仮称)創設準備室委員)、図書館情報大学(現筑波大学図書館情報メディア研究科)教授(大学院担当科目は書誌学特論1、及び、日本大学文理学部にて国語学演習)、調布学園女子短期大学(日本語日本文化学科)教授・学長(8年間、調布学園短期大学人間福祉学科一期生の卒業と共に退任。52年間の教職を閉じる)。現田園調布学園大学名誉教授。東洋文庫研究員。『新明解国語辞典』編集委員。
主著『甲陽軍鑑大成』全4巻(本文篇上下・索引篇・研究篇、後に影印篇上中下を加えて全7巻、1994~98年、汲古書院)により「新村出賞」(第14回)と「やまなし文学賞(研究評論部門)」(第4回)を受賞。
他に、『図書寮本類聚名義抄漢字索引』(1972年、『訓点語と訓点資料』47所収、後に勉誠社『図書寮本類聚名義抄』に収載)・『実語教童子教―研究と影印―』(1999年、三省堂)・『老国語教師の「喜の字の落穂拾い」』(2004年、笠間書院)等の編著がある。なお、平成16(2004)年春の叙勲には瑞宝小綬章授章の榮に浴している。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています

金太郎の誕生

品切れ

金太郎の誕生

定価2,376円