基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

ニホンコダイブンガクトハクキョイ

日本古代文学と白居易

王朝文学の生成と東アジア文化交流

高松寿夫・雋雪艶 編

定価 8,640円 (本体8,000円) 在庫あり

数量:

東アジアの広がりのなかで、白居易はどのように変奏されたのか

中国本土はもとより、日本や、新羅など朝鮮半島においても受容され、東アジア共通のモードとして文学や信仰、政治の場に至るまで多岐にわたる文化的影響を与えてきた唐代の詩人・白居易。日中双方の視点から、日本における受容のあり方を中心に、東アジアの文学的伝統と展開の諸相を明らかにする。

ISBN 978-4-585-29002-5 Cコード C3091
刊行年月 2010年4月 判型・製本 A5判・上製  360 頁
キーワード 古代, 東アジア, 比較文学, 漢文

目次

丹羽博之 絹を惜しむ詩歌―『万葉集』と『白氏文集』と韓国の漢詩
李満紅 大伴旅人「讃酒歌」の発想と表現―漢籍の享受と短歌の創作
河野貴美子 島田忠臣、菅原道真の詩と白居易―渤海使との贈答詩を通して
謝 思 叙@『千載佳句』所載の白居易佚詩に関する考察―中唐時代の歌伝協同体創作論を兼ねて
木戸裕子 大江匡衡「述懐古調詩一百韻」における白居易受容
吉原浩人 高階積善勧学会詩序考―白居易詩文と天台教学の受容
山中悠希 『枕草子』堺本・前田家本における『白氏文集』受容―堺本の随想群と『和漢朗詠集』
陣野英則 『源氏物語』「玉鬘十帖」の『白氏文集』引用 ―「篝火」巻における白詩からの変換の妙
中西智子 『源氏物語』と白詩「陵園妾」―手習巻および朝顔巻における表現的連関をめぐって
岡部明日香 『栄花物語』の新楽府引用―訓読・摘句による受容と展開
雋 雪 艶 句題和歌から見る日本における中国文化の受容―「浮生」と「春夢」の受容を中心に
錺 武彦 勅撰集の漢故事題和歌―白居易受容を中心に
張 哲 俊 都門・都門柳考―京都の都門柳と王維、白居易との関係について
高松寿夫 『菅家文草』元禄版本本文の性格

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています