基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

コウテイハママツチュウナゴンモノガタリ

校訂 浜松中納言物語

須田哲夫・佐々木新太郎 編

定価 7,344円 (本体6,800円) 在庫あり

数量:

長年『浜松中納言物語』の校訂作業を続け、『浜松中納言物語』「未紹介本調査報告」の業績もある編者が、新発見の、従来最善本とされている榊原家本と同一粗本の同一書写者の本(兄弟本)である茨城大学図書館所蔵の菅文庫本を合わせて本文を校合した、『浜松中納言物語』本文の決定版である。

【浜松中納言物語とは】
11世紀半ば過ぎ成立。『更級日記』の作者、菅原孝標女作といわれる。
『源氏物語』の濃厚な影響下にあった当時の物語界において、その影響をうけつつも、舞台を唐に移したり、夢や転生が重要な役割をはたしたりといった新境地をひらいた作品。

ISBN 978-4-585-03125-3 Cコード C
刊行年月 2005年2月 判型・製本 A5判・上製  392 頁
キーワード 中古, 古典

目次

はしがき
本校訂本の基本的立場
茨城大学図書館蔵菅文庫本の概要
散逸首巻
凡例
本文整定における参照伝本と略号

【校訂本文】
濱松中納言 巻一
濱松中納言 巻二
濱松中納言 巻三
濱松中納言 巻四
濱松中納言 巻五