基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

チュウセイショウトクタイシデンシュウセイゼンゴカン

中世聖徳太子伝集成(全五巻)

慶應義塾大学附属研究所斯道文庫 編

定価 105,840円 (本体98,000円) 在庫あり

数量:

中世の太子像生成と太子信仰の根本資料。
歴史学・文学・宗教学のみならず日本文化を考える上で必携の書。
「聖徳太子伝」はおよそ40年前から慶應義塾大学附属研究所斯道文庫で主要な研究課題の一つとされてきた。現在でも7系統に分類した各々から、代表する24本を選び、輪読・校勘作業を進めており、諸本の関係や文化史上の位置、また「太子伝」の製作や伝播に携った人々等が明らかになりつつある。悉皆調査を経て校勘作業に至るまでの礎として、これまでの太子伝諸本本文の紹介・出版状況を勘案し、7系統のうちから「伝暦」と寛文刊本を除き、中・近世期に最も通行し、及ぼした影響も大きい増補本・いわゆる文保本系の5系統10点にしぼって、資料性に留意しつつ精密な影印を行い学界に提供する。

ISBN 978-4-585-03128-4 Cコード C3091
刊行年月 2005年5月 判型・製本 B5判・上製  2500 頁
キーワード 中世, 古代, 国語学, 民俗学

目次

第一巻 真名本 上
 輪王寺本 第一〜五 享徳四(一四五五)年写

第二巻 真名本 下
 輪王寺本 第六〜八 享徳四(一四五五)年写
 醍醐寺本 長禄四(一四六〇)年写
 解題 牧野和夫(実践女子大学文学部教授)

第三巻 仮名本
 西尾市立図書館岩瀬文庫本 [江戸前期]写
 国立国会図書館本 [江戸前期]写
 解題 川上新一郎(慶應義塾大学斯道文庫教授)
 解題 佐々木孝浩(慶應義塾大学斯道文庫助教授)

第四巻 山田本
 四天王寺本 [室町]写
 叡山文庫本 享徳三、四(一四五四、五五)年写
 解題 石川透(慶應義塾大学文学部助教授)

第五巻 宝物集・拾遺抄・万徳寺本   
 光久寺本(零巻) [鎌倉末南北朝]写
 国立公文書館内閣文庫本 [江戸初期]写
 万徳寺本 寛正三(一四六二)年奥書本
 神宮文庫本 明応九(一五〇〇)年写
 解題 大沼晴暉(慶應義塾大学斯道文庫助教授)
 解題 小秋元段(法政大学文学部助教授)