基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ブンカザイガクノカダイ

文化財学の課題

和紙文化の継承

湯山賢一 編

定価 3,456円 (本体3,200円) お問い合わせ

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

考古学・保存科学・美術史・建築史・日本史…。個々の学問の枠を超えた新しい学問、「文化財学」の創造を目指して―

麻紙、楮紙、檀紙、杉原紙、奉書紙、美濃紙、雁皮紙、鳥ノ子紙、間似合紙、三椏紙…
日本が世界に誇る「紙の文化の伝承」を、世界文化遺産・醍醐寺の史料を中心にまなぶ。

ISBN 978-4-585-03148-2 Cコード C
刊行年月 2006年4月 判型・製本 四六判・上製  247 頁
キーワード 文化史, 日本史

目次

I はじめに
 序言■湯山賢一

II 講演
 一 醍醐寺と紙文化■仲田順和
 二 和紙に見る日本の文化■湯山賢一
 三 醍醐寺の文化財とその管理■長瀬福男

Ⅲ 報告
 一 醍醐寺史料とその修理■池田寿
 二 醍醐寺聖教とその料紙―特に楮紙打紙に注目して―■永村眞
 三 中世における紙の流通■富田正弘
 四 古代の製紙技術■大川昭典
 五 書籍の修理―古文書―■鈴木裕
 六 史料複本の作成■塚本和夫
 七 史料情報の処理システム■熊谷真理人

Ⅳ 総合討論 日本の紙文化―文化財の保存と活用

編集後記(永村眞)