基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ヤマトチョウテイノキゲン

大和朝廷の起源

安本美典 著

定価 3,456円 (本体3,200円) 在庫あり

数量:

『古事記』『日本書紀』の伝える神武東征伝承こそ、邪馬台国勢力東遷の記憶である。
神話は、史実を伝えている。
北九州に存在した邪馬台国(高天の原)勢力の一部は、卑弥呼(天照大御神)の死後、南九州に下った。南遷した勢力のなかから、神武天皇の名で伝えられる人物があらわれる。神武天皇は、西暦三世紀の末に東征し、大和朝廷をひらいた。


※『週刊文春』2005年8月4日号、『新刊推薦文(文春図書館内)』に紹介されました。
※北海道新聞書評欄(10月2日付)『ほん<語る>』に、『大和朝廷の起源』著者インタビューが掲載されました。
※読売新聞全国版(10月4日夕刊)に、『大和朝廷の起源』が紹介されました。

ISBN 978-4-585-05324-8 Cコード C
刊行年月 2005年7月 判型・製本 A5判・上製  344 頁
キーワード

目次

はじめに

プロローグ 手つかずの、ふしぎ世界

第一章 新しい文献学
第二章 天皇の座位年数と寿命
第三章 地名説話と歌謡
第四章 氏族伝承と帝紀
第五章 神武天皇東征の理由と時期

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています