基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ネットワーク時代の図書館情報学

ジョウホウカンリトホウ

情報管理と法

情報の利用と保護のバラ ンス

新保史生 著

定価 2,160円 (本体2,000円) 在庫あり

数量:

現在のネットワーク社会では、日々様々な情報が大量に利用されている。
それが当然の状況になっている一方で、情報の利用や管理をめぐっては、名誉、肖像、個人情報、プライバシー等の個人の人格的利益の侵害や、著作権をはじめとする知的財産権の侵害をめぐる問題など、多種多様な問題が生じている。
本書では、ネットワーク時代における図書館情報学をめぐる問題について、法的視点から情報の管理と法に関する問題について検討する。
(「まえがき」より)

ISBN 978-4-585-05430-6 Cコード C1300
刊行年月 2010年10月 判型・製本 四六判・並製  192 頁
キーワード

目次

まえがき
第1章 高度情報通信ネットワーク社会の基礎となる法制度
第2章 情報公開法
第3章 情報の保存に関する法令
第4章 知的財産の保護に関する法令
第5章 個人情報の保護に関する法令
第6章 図書館サービスと個人情報の取扱い
第7章 図書館が保有する情報への本人関与(開示、訂正等、利用停止等)
第8章 図書館における過剰反応
第9章 個人情報保護とプライバシー保護対応の区別
第10章 情報管理技術と法
第11章 情報管理のためのマネジメントシステムの活用
第12章 情報のフィルタリング
第13章 ウェブ・アーカイビングと法的課題
あとがき
参考文献

シリーズ詳細

ネットワーク時代の図書館情報学