基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

人間愛叢書

アリガトウセンゲン

ありがとう宣言

石川洋 著

定価 1,944円 (本体1,800円) 在庫あり

数量:

 ありがとうといえば
 ありがたいものが見えてくる
 ありがたいものが見えてくれば
 ありがたいあかしがあらわれる

いのちの真実と愛に目覚め、感謝の生涯を捧げる感動の物語。一木一草を慈しむ日本人の心。

障害者やカンボジアの難民たちとの触れあい、人生を変えた師たちとの出会い。無手の聖尼・大石順教尼、マザーテレサ、坂村真民などから学んだ「生きる」ということ。人生において究極に大切なものは、「ごめんなさい」と「ありがとう」である。

ISBN 978-4-585-05447-4 Cコード C0010
刊行年月 2010年2月 判型・製本 四六判・上製  256 頁
キーワード

目次

目 次
ありがとう宣言
第一章 一人には一人の光りがある
人は母の背中を古里にして生きる
父よ、母よ、聞いて下さい―沖縄青少年研修(仏桑花の会)
「一期一会」に目覚めて―京都井六園
生と死と愛の人生―ハ氏病者に学ぶ
愛と奉仕に生きる―国際エンゼル協会
子供は一人では悪くならない―坂岡嘉代子さんの悲願
愛を忘れかけた人間へのメッセージ
無手の聖尼―大石順教尼の生涯
大石順教尼とその弟子
「苦しみは他との比較にある」―故倉悦子
一人で来なさいといわれ―南正文
かくすからころぶ―西野悦子
涙は流さないで下さい

第二章 一人には一人のメッセージがある
戦後の日本を救った―山本玄峰老師のこと
そうだ、空気というものがあったなあ―山田無文老師
本日ただ今誕生―小沢道雄師の生涯
許されて生きる―西田天香師
「裸になれてありがとう」―小田定人さんの再生
一損一徳の商道―西端夫妻
一農夫が造りあげた愛知用水―久野庄太郎
苦労はいただきもの―京都「おめん」の心意気
「念ずれば花ひらく」―坂村真民の世界
あとがき

シリーズ詳細

人間愛叢書

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています

金子みすゞ み仏への祈り

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

金子みすゞ み仏への祈り

定価2,160円