【荒れ野の六十年】出版記念イベント@八重洲ブックセンター本店

 

八重洲ブックセンター・本店様にて、『荒れ野の六十年 東アジア世界の歴史地政学』出版記念トークイベントが開催されます。
今年、日清戦争から朝鮮戦争まで(1894~1953年)をひと続きの時代と見る、独創的な歴史認識に基づく新刊『荒れ野の六十年』を刊行した與那覇潤さんと、批評誌『ゲンロン』での長期連載「独立国家論」で、満洲国の体験がいかに戦後も日本人の想像力を規定してきたかを探究している速水健朗さん。不毛な「左右のプロレス」とはまったく違う視点で、いま、植民地があった時代からなにを学べるのかを論じあいます。
ぜひイベントへご来場ください。

 

   

 

トークイベント詳細
開催日時:2020年2月25日(火)
開場時間:18:30
開演時間:19:00~20:30
イベント会場:八重洲ブックセンター本店
参加条件:1,000円(税込)※当日会場入口にてお支払いください。
参加定員:80名(申し込み先着順)※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法:「八重洲ブックセンターWEB」の「予約受付カレンダー」で2/25(火)19:00の当イベントを選択していただき、お申し込みフォームにご記入のうえご送信ください。予約完了メールをご返信いたします。

※「ybc-ev@yaesu-book.co.jp」からの予約完了メールを受け取れる状態にしておいてください。
※八重洲ブックセンター本店にて『荒れ野の六十年 東アジア世界の歴史地政学』(勉誠出版刊、本体価格3,200円)をご購入いただいた方は、入場無料でご参加いただけます。1階インフォメーションカウンターのほか、会場でも販売いたします。ご希望の方にはサインも入ります。(八重洲ブックセンター本店でご購入の書籍以外の物にはサインできません)
※こちらのイベントは、八重洲ブックカード「ゴールド会員」の無料聴講特典対象外です。