企画展示「書物で知る出版文化の歴史」開催!

3月26日(月)より、千代田区立千代田図書館さまにて、「書物で知る出版文化の歴史―江戸から現代、そして未来」と題した展示が始まりました。

本展示では、 出版文化が花開いた江戸時代から、私たちが普段目にする本(=洋装本)へと変わった近代、そして電子書籍が登場した現代。そんな本の歴史だけでなく、印刷や装丁の技術、検閲制度、読者と読書の関係性など様々な角度から日本の出版文化を知るための本約80冊を、解説文付きで展示。弊社の『書誌学入門』や、『図説 書誌学』、『江戸時代初期出版年表』なども展示していただいています。
また、出版文化の変遷がわかる年表パネルや、手にとってご覧いただける和本や板木も展示されています。
会期は6月23日(土)までとなっており、期間中にはイベントも予定されています。
是非足をお運びください。

 

★書物で知る出版文化の歴史―江戸から現代、そして未来

(会期)2012年3月26日(月)~6月23日(土)

(場所)千代田区立千代田図書館 9階

(主催)千代田区立千代田図書館、勉誠出版株式会社

(詳細)千代田図書館 イベント展示情報

関連書籍はこちら

書誌学入門

書誌学入門 古典籍を見る・知る・読む

堀川貴司 著

定価1,890円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入

図説 書誌学

図説 書誌学 古典籍を学ぶ

慶應義塾大学附属研究所斯道文庫 編

定価3,675円(本体3,500円)

詳細今すぐ購入

江戸時代初期出版年表

江戸時代初期出版年表

岡雅彦・市古夏生・大橋正叔・岡本勝・落合博志・雲英末雄・鈴木俊幸・堀川貴司・柳沢昌紀・和田恭幸 編

定価26,520円(本体25,000円)

詳細今すぐ購入

日本の文字文化を探る

日本の文字文化を探る 日仏の視点から

クリストフ・マルケ マリアンヌ・シモン=及川 クレール碧子・ブリッセ パスカル・グリオレ 共編

定価8,400円(本体8,000円)

詳細今すぐ購入

日本の書物

日本の書物

紀田順一郎 著/宮田雅之 画

定価3,150円(本体3,000円)

詳細今すぐ購入