基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

新刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

唱歌・童歌・寮歌

今すぐ購入

唱歌・童歌・寮歌

近代日本の国語研究

若井勲夫 著

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-28027-9

豊かで変化に富んだ四季に恵まれ、またその微妙な移り行きの妙を感じ取ってきた日本人は和歌や俳句だけでなく唱歌にも心情を托してきた。 そんな唱歌、童歌(童謡・わらべうた)や寮歌を中心にし、時に応じて一般の歌謡も含めて、国語学国文学研究の立場から言語と言語表現の諸相を究めた。合わせて言語の芸術として、言葉...

定価10,800円(本体10,000円)

天野山金剛寺善本叢刊  第一期

今すぐ購入

天野山金剛寺善本叢刊  第一期

第一巻 漢学・第二巻 因縁・教化

後藤昭雄 監修/(第一巻)後藤昭雄・仁木夏実・中川真弓 編/(第二巻)荒木浩・近本謙介 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-21211-9

古代・中世における寺院の営みをいまに伝える一大資料群より天下の孤本を含む平安時代以来の貴重善本を選定し収載。 精緻な影印と厳密な翻刻、充実の解題により、その資料性と文化史的・文学史的価値を明らかにする。 【本書の特色】 ・天野山金剛寺(大阪府河内長野市)に所蔵される貴重典籍をテーマごとに選定し収載。...

定価34,560円(本体32,000円)

子どもを産む・家族をつくる人類学

今すぐ購入

子どもを産む・家族をつくる人類学

オールターナティブへの誘い

松岡悦子 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-23044-1

グローバル化した現代社会において、子どもを産むこと、家族をつくることは1つの国の中だけで完結しない、世界的な視野で考えねばならないテーマになっている。 多彩なリプロダクションの現象を盛り込み、人類学的視点からリプロダクション、国家、文化、医療の関係を探る。...

定価3,456円(本体3,200円)

山田孝雄著『日本文体の変遷』本文と解説

今すぐ購入

山田孝雄著『日本文体の変遷』本文と解説

藤本灯・田中草大・北﨑勇帆 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-28032-3

文献時代の初めから明治時代に至る諸資料を博捜・引用し、時代別・文体別に詳述。 日本文化・社会の根幹をなす文章・文体の展開を歴史的に位置づける意欲作。 著者の学問における同書の位置、また、その現代的意義を示す充実の解説も収載。...

定価4,860円(本体4,500円)

戦時上海グレーゾーン

今すぐ購入

アジア遊学 205

戦時上海グレーゾーン

溶融する「抵抗」と「協力」

堀井弘一郎・木田隆文 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22671-0

40を超える国の人びとが居住していた国際都市・上海は、1937年8月の侵攻によって、日本の占領下におかれた。それから終戦まで、日本人は、中国人は、世界各国から上海にたどり着いた人びとは、どのような政治的・文化的な空間に置かれたのか。 戦時期の上海を、人びとが出会い、交流し、接触する「場」=コンタクト...

定価2,592円(本体2,400円)

敦煌仏頂尊勝陀羅尼経変相図の研究

今すぐ購入

敦煌仏頂尊勝陀羅尼経変相図の研究

下野玲子 著

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-21038-2

東西交通の要衝・敦煌。インドから伝わった仏教もこの地を経て中原地域に流入した。 敦煌では石窟壁画など仏教美術が花開き、今に残されたそれらは仏教伝播の歴史を知る上で極めて貴重な資料ともなっている。 本書では唐代における敦煌の石窟壁画に焦点をあて、その中で漢訳された経典「仏頂尊勝陀羅尼経」の内容がどのよ...

定価15,120円(本体14,000円)

日韓音楽教育関係史研究

今すぐ購入

日韓音楽教育関係史研究

日本人の韓国・朝鮮表象と音楽

藤井浩基 著

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-27040-9

〈表象〉は音楽教育・文化政策にどのような影響を与えたのか。人物、メディア、学校など多角的視点から日韓関係を探る。...

定価8,100円(本体7,500円)

源氏物語の漢詩文表現研究

今すぐ購入

源氏物語の漢詩文表現研究

笹川勲 著

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-29139-8

漢詩文の学識を備えた紫式部の著した『源氏物語』には、多くの漢詩文が典拠として用いられるとともに、物語独自の表現としての漢詩文をもみることができる。 作中人物の詠む漢詩文や催す詩宴から、作中人物の漢学や漢詩文の素養、出典・引詩文までを「漢詩文表現」として体系的に論じ、漢詩文が物語の主題や構想、表現の形...

定価10,800円(本体10,000円)

評伝田中清玄 昭和を陰で動かした男

今すぐ購入

評伝田中清玄 昭和を陰で動かした男

大須賀瑞夫 著/倉重篤郎 編集

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22168-5

「田中清玄自伝」を世に問うて20年余、気鋭のライターが今度は「評伝」に描く、「昭和の志士」。 影のフィクサーと呼ばれた男が、どう生まれ、どう育ったのか。何が彼を戦前の武装共産党委員長にし、獄中転向させたのか。 反共主義者としての戦い、昭和天皇との邂逅、スハルトら国際石油人脈の形成、鄧小平、オットー大...

定価3,456円(本体3,200円)

鍬形蕙斎画 近世職人尽絵詞

今すぐ購入

鍬形蕙斎画 近世職人尽絵詞

江戸の職人と風俗を読み解く

大高洋司・大久保純一・小島道裕 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-27038-6

北斎と並び称される浮世絵師・鍬形蕙斎(くわがたけいさい)が描き、詞書は戯作の名手、大田南畝・手柄岡持(朋誠堂喜三二)・山東京伝が担当、江戸の町に生きる多種多様な職人たち総勢103種を活写した肉筆絵巻の傑作。松平定信旧蔵にかかる名品全篇をフルカラーで掲載し、文学・歴史・美術史・民俗学など諸分野の協力に...

定価16,200円(本体15,000円)