基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

新刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

近代日本語の形成と欧文直訳的表現

今すぐ購入

近代日本語の形成と欧文直訳的表現

八木下孝雄 著

2018年5月 刊行 ISBN:978-4-585-28040-8

近代、西欧の言語は、日本語の語彙・文法・文体等に大きな影響を与えた。 とくに、欧文を直訳的に翻訳した表現は、新たな発想を促し、表現構造を産むことで、日本語を活性化させてきた。 今もなお日本語に根付く欧文直訳的表現は、外国語を受け入れるなかで、どのように生成・受容されてきたのか? 英語教育における欧文...

定価7,020円(本体6,500円)

「神話」を近現代に問う

今すぐ購入

アジア遊学 217

「神話」を近現代に問う

植朗子・南郷晃子・清川祥恵 編

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22683-3

近代以降の神話は、それ自体が単に固有の宗教的伝統や民族性を語る重要性を持つのみならず、あらたに創作される文学の淵源として、つねに今日的な語りと関連づけて参照され、地域・時代に限定されない(あるいは、意図的に限定された)意義を持ちうる概念へと発展していった。 整備され、「神話体系」からこぼれ落ちたり、...

定価2,700円(本体2,500円)

なぜ中国・韓国は近代化できないのか

今すぐ購入

勉誠選書

なぜ中国・韓国は近代化できないのか

自信のありすぎる中国、あるふりをする韓国

石平・豊田有恒 著

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-23404-3

習近平の「独裁化」が進む中国、元大統領が次々に逮捕される韓国、お隣の国はなぜ「前近代的」なままなのか? 日本を代表する中韓ウォッチャーが徹底討論、明治維新150年、日中韓の近代化を問い直す!...

定価1,080円(本体1,000円)

上海モダン 『良友』画報の世界

今すぐ購入

上海モダン 『良友』画報の世界

孫安石・菊池敏夫・中村みどり 編

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22208-8

1920~1940年代に中国で刊行されていた雑誌『良友』画報には、文学や映画、演劇、美術・芸術だけでなく、政治や産業、スポーツや旅行、食文化といった幅広い記事が、多くの写真とともに掲載されていた。 戦争と革命の時代に刊行され、中国の都市はもちろん、アジア、欧米にまで広く流通していたグラフ雑誌から、大...

定価7,344円(本体6,800円)

古写真・絵葉書で旅する東アジア150年

今すぐ購入

古写真・絵葉書で旅する東アジア150年

村松弘一・貴志俊彦 編

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22207-1

「満蒙」の玄関口・大連、台湾の京都・台南、モダン都市・ソウル―。 中国・台湾・朝鮮半島の25都市300点の過去と現在の景観を対比。 東アジア再発見の旅へといざなう。...

定価4,104円(本体3,800円)

天孫降臨とは何であったのか

今すぐ購入

勉誠選書

天孫降臨とは何であったのか

田中英道 著

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-23403-6

縄文時代、圧倒的に人口の多かった関東・東北は、日高見国という太陽信仰の祭祀国を形成、鹿島神宮の祭神タカミムスビからアマテラスヘの一族が率いていた。 大陸からの脅威に対抗するため、関東の鹿島から九州の鹿児島へ、香取(柁取り神宮)と息栖神社(天の鳥船神社)の率いる船団が鹿島立ちして、鹿児島の天降り川に到...

定価1,080円(本体1,000円)

島崎藤村 ひらかれるテクスト

今すぐ購入

島崎藤村 ひらかれるテクスト

メディア・他者・ジェンダー

ホルカ・イリナ 著

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-29164-0

新聞、雑誌、教科書など様々なメディアを通して広く読まれてきた島崎藤村。〈私的領域〉をモチーフとしながらも、ただの自伝や告白としてではなく、文学として昇華させることが目論まれたテクストは、社会の制度や通念に揺さぶりをかける、鋭い批評性を持っていた。 メディア・他者・ジェンダーをキーワードに、実生活と芸...

定価4,968円(本体4,600円)

杜甫研究年報 創刊号

今すぐ購入

杜甫研究年報 1

杜甫研究年報 創刊号

日本杜甫学会 編

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-29441-2

「詩聖」杜甫。 その詩は、それ以前の詩の総括であるとともに、以後の中国詩の出発点でもある。 日本においては、五山の僧の崇敬、芭蕉の傾倒があり、明治以後も、中江兆民・島崎藤村・正岡子規を始め、知識人・国民の間で、その親愛の念は一貫して揺るがないものだった。漢文教育においても、杜甫の詩は教材の中で重要な...

定価2,160円(本体2,000円)

水門 第二十八号

今すぐ購入

水門 28

水門 第二十八号

言葉と歴史

水門の会 編

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22442-6

歴史学・文学・言語学・民俗学など諸学の粋を集め、ジャンルを越えた新たな学問世界への扉を開く。 本小特集では、季語の生成と四季意識との関わりについて、多様な視点と世界的な視野から検証し、短詩系文学としての「俳句」の世界的な存在像や国際俳句の可能性について探る。...

定価3,780円(本体3,500円)