おすすめ商品

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

定価:3,080円
(本体 2,800円)
カブリエル・ガルシア・マルケス(『百年の孤独』)、マリオ・バルガス・リョサ(『緑の家』)、ホルヘ・ル...商品詳細へ

もう一度読みたい日本の古典文学

定価:2,640円
(本体 2,400円)
小・中学校・高校教科書に掲載される日本古典文学作品を中心にとりあげ、新しい読み方・楽しみ方、知ってい...商品詳細へ

ラジオの技術・産業の百年史

定価:5,940円
(本体 5,400円)
長野県松本市にある日本ラジオ博物館には、1500点を越えるラジオが収められている。...商品詳細へ

中国史書入門 現代語訳 北斉書

定価:6,600円
(本体 6,000円)
二十四史と呼ばれる中国歴代王朝史(正史)を現代語訳で読む「中国史書入門」シリーズ。...商品詳細へ

列伝体 妖怪学前史

定価:3,080円
(本体 2,800円)
「妖怪は〈アカデミック〉ではない」と言われた時代―。...商品詳細へ

古文書への招待

定価:3,300円
(本体 3,000円)
長屋王家符、北条政子書状、足利義教自筆御内書、豊臣秀吉朱印状、薩長同盟覚書裏書……。...商品詳細へ

変化する社会とともに歩む学校図書館

定価:2,420円
(本体 2,200円)
「本離れ」が叫ばれる中で、学校図書館は読書、ひいては本の大切さをどのように説いているのであろうか。ま...商品詳細へ

大宅壮一文庫解体新書

定価:3,850円
(本体 3,500円)
大宅壮一(1900-1970)が収集した膨大な雑誌のコレクションを基礎として設立された大宅壮一文庫。...商品詳細へ

市民とつくる図書館

定価:2,200円
(本体 2,000円)
市民がまちづくりに取り組む方法には、「参加」と「協働」が挙げられ、近年、この方法を用いて、公立図書館...商品詳細へ

怪異学講義

定価:3,520円
(本体 3,200円)
神霊・祟り・天変地異……古来、人々が畏怖を抱き、不思議だと思い、息災を祈った非日常的なコト・モノは媒...商品詳細へ

戦国時代劇メディアの見方・つくり方

定価:3,520円
(本体 3,200円)
時代劇や歴史小説、漫画、アニメ、ゲームなどの創作において、虚構と現実の間を埋めるという重要な役割を持...商品詳細へ

日本の図書館建築

定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本の公共図書館は、いわゆる「箱モノ」から、コミュニケーションなどを重視した「有機的なモノ」へと変化...商品詳細へ

おすすめ

  [詳細]
中国史書入門 現代語訳 北斉書

中国史書入門 現代語訳 北斉書

氣賀澤保規 監修/池田恭哉・岡部毅史・梶山智史・倉本尚徳・田熊敬之 訳
定価:6,600円
(本体 6,000円)
怪異学講義

怪異学講義

東アジア恠異学会 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
聖徳太子信仰とは何か

聖徳太子信仰とは何か

榊原史子 著
定価:4,180円
(本体 3,800円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート