おすすめ商品

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

定価:3,080円
(本体 2,800円)
カブリエル・ガルシア・マルケス(『百年の孤独』)、マリオ・バルガス・リョサ(『緑の家』)、ホルヘ・ル...商品詳細へ

カルナとアルジュナ

定価:2,640円
(本体 2,400円)
インド最大級の物語である『マハーバーラタ』。その最大のクライマックスであるカルナとアルジュナの戦いを...商品詳細へ

中世神道入門

定価:4,180円
(本体 3,800円)
日本古来の信仰でありながらも、時代とともにめまぐるしい変化を遂げてきた「神道」。...商品詳細へ

中国史書入門 現代語訳 北斉書

定価:6,600円
(本体 6,000円)
二十四史と呼ばれる中国歴代王朝史(正史)を現代語訳で読む「中国史書入門」シリーズ。...商品詳細へ

伝達と変容の日本建築史

定価:3,850円
(本体 3,500円)
建築は多くの異なる部分が集合して全体が編成される。...商品詳細へ

列伝体 妖怪学前史

定価:3,080円
(本体 2,800円)
「妖怪は〈アカデミック〉ではない」と言われた時代―。...商品詳細へ

古文書への招待

定価:3,300円
(本体 3,000円)
長屋王家符、北条政子書状、足利義教自筆御内書、豊臣秀吉朱印状、薩長同盟覚書裏書……。...商品詳細へ

国葬の成立

定価:3,520円
(本体 3,200円)
発足当初から国家要人の死に積極的に関与していった明治新政府。...商品詳細へ

坂口安吾大事典

定価:15,400円
(本体 14,000円)
「堕落論」、「桜の森の満開の下」、「不連続殺人事件」……...商品詳細へ

変化する社会とともに歩む学校図書館

定価:2,420円
(本体 2,200円)
「本離れ」が叫ばれる中で、学校図書館は読書、ひいては本の大切さをどのように説いているのであろうか。ま...商品詳細へ

大宅壮一文庫解体新書

定価:3,850円
(本体 3,500円)
大宅壮一(1900-1970)が収集した膨大な雑誌のコレクションを基礎として設立された大宅壮一文庫。...商品詳細へ

市民とつくる図書館

定価:2,200円
(本体 2,000円)
市民がまちづくりに取り組む方法には、「参加」と「協働」が挙げられ、近年、この方法を用いて、公立図書館...商品詳細へ

おすすめ

  [詳細]
国葬の成立

国葬の成立

宮間純一 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
カルナとアルジュナ

カルナとアルジュナ

川尻道哉 著
定価:2,640円
(本体 2,400円)
坂口安吾大事典

坂口安吾大事典

安藤宏・大原祐治・十重田裕一 編集代表
定価:15,400円
(本体 14,000円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート