おすすめ商品

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

定価:3,080円
(本体 2,800円)
カブリエル・ガルシア・マルケス(『百年の孤独』)、マリオ・バルガス・リョサ(『緑の家』)、ホルヘ・ル...商品詳細へ

もう一度読みたい日本の古典文学

定価:2,640円
(本体 2,400円)
小・中学校・高校教科書に掲載される日本古典文学作品を中心にとりあげ、新しい読み方・楽しみ方、知ってい...商品詳細へ

ラジオの技術・産業の百年史

定価:5,940円
(本体 5,400円)
長野県松本市にある日本ラジオ博物館には、1500点を越えるラジオが収められている。...商品詳細へ

元朝の歴史

定価:3,520円
(本体 3,200円)
1206年、チンギス・カンの即位により成立した大モンゴル国は、その後継者たちにより、ユーラシア大陸全土へ...商品詳細へ

古文書への招待

定価:3,300円
(本体 3,000円)
長屋王家符、北条政子書状、足利義教自筆御内書、豊臣秀吉朱印状、薩長同盟覚書裏書……。...商品詳細へ

土地の記憶から読み解く早稲田

定価:2,970円
(本体 2,700円)
大都市東京の周縁、早稲田界隈。...商品詳細へ

増補改訂新版 日本中世史入門

定価:4,180円
(本体 3,800円)
「歴史」はたんに過去の出来事をわれわれに伝えるのではなく、現代そして未来の人々の動向を規定する「力」...商品詳細へ

変化する社会とともに歩む学校図書館

定価:2,420円
(本体 2,200円)
「本離れ」が叫ばれる中で、学校図書館は読書、ひいては本の大切さをどのように説いているのであろうか。ま...商品詳細へ

大宅壮一文庫解体新書

定価:3,850円
(本体 3,500円)
大宅壮一(1900-1970)が収集した膨大な雑誌のコレクションを基礎として設立された大宅壮一文庫。...商品詳細へ

日本の図書館建築

定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本の公共図書館は、いわゆる「箱モノ」から、コミュニケーションなどを重視した「有機的なモノ」へと変化...商品詳細へ

書物・印刷・本屋

定価:17,600円
(本体 16,000円)
中国、朝鮮半島、日本に伝播した書物文化は、各国各地に於いて民間の商業出版―坊刻本―の深淵かつ絢爛な世...商品詳細へ

江戸川乱歩大事典

定価:13,200円
(本体 12,000円)
稀代の推理小説作家、江戸川乱歩。...商品詳細へ

おすすめ

  [詳細]
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート