基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

日本史(近現代)


並べ替え

商品画像 書名-

平和の海と戦いの海

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 6

平和の海と戦いの海

二・二六事件から「人間宣言」まで

平川祐弘 著

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29406-1

第一部では、二・二六事件の前夜、駐日米国大使ジョーゼフ・グルーの夕食会に集った齋藤實夫妻と鈴木貫太郎大将、それにグルー自身を中心にして、これらの人々が第二次大戦中に行った平和への貴重な努力を、日米双方の史料の裏づけによって跡づける。 第二部は、ポツダム宣言受諾に際して日本が条件として示した天皇制の護...

定価4,104円(本体3,800円)

米国大統領への手紙―市丸利之助中将の生涯/高村光太郎と西洋

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 7

米国大統領への手紙―市丸利之助中将の生涯/高村光太郎と西洋

平川祐弘 著

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29407-8

Rear Admiral R. Ichimaru of the Japanese Navy sends this note to Roosevelt. I have one word to give you upon the termination of this battle. 硫黄島の日本軍の最...

定価4,536円(本体4,200円)

水門 第二十七号

今すぐ購入

水門 27

水門 第二十七号

言葉と歴史

水門の会 編

2016年11月 刊行 ISBN:978-4-585-22441-9

歴史学・文学・言語学・民俗学など諸学の粋を集め、ジャンルを越えた新たな学問世界への扉を開く。 本号は小特集として「「東アジアの異界・冥界とその表象―澤田瑞穂の再評価」を設けた。中国の怪異研究で知られた中国文学者の澤田瑞穂博士の業績を再評価するとともに、『日本霊異記』『太平広記』『南総里見八犬伝』など...

定価3,024円(本体2,800円)

雑司ヶ谷鬼子母神堂開堂三百五十年・重要文化財指定記念 雑司ヶ谷鬼子母神堂

今すぐ購入

雑司ヶ谷鬼子母神堂開堂三百五十年・重要文化財指定記念 雑司ヶ谷鬼子母神堂

威光山法明寺 近江正典 編

2016年11月 刊行 ISBN:978-4-585-21036-8

寛文6年(1666)、雑司が谷の地にて開堂され、今なお往時の姿をとどめる鬼子母神堂。 江戸時代以来の人びとの信仰の中で守られ、伝えられてきたこの歴史的建造物は、2016年、国の重要文化財に指定された。 鬼子母神堂はいかなる文化と歴史を育んできたのか。 建築・彫刻・絵画・絵馬など200点を越えるカラー...

定価16,200円(本体15,000円)

環境に挑む歴史学

今すぐ購入

環境に挑む歴史学

水島司 編

2016年10月 刊行 ISBN:978-4-585-22149-4

人間社会を揺さぶる〈環境〉。地震や津波が指し示す自然災害の威力は、環境が人類の歴史にとてつもなく大きなインパクトを与えてきたことを我々に知らせる。 環境とその人類史にもたらした影響を歴史学はどのようにとらえうるのか。 環境史への歴史学の取り組みとその成果を、日本から、アジア、アフリカ、ヨーロッパ地域...

定価4,536円(本体4,200円)

近代日本とアジア 地政学的アプローチから

今すぐ購入

近代日本とアジア 地政学的アプローチから

三谷博 監修/クロード・アモン、廣瀬緑 編

2016年9月 刊行 ISBN:978-4-585-22157-9

19世紀中盤以降、西洋の影響を強く受けながら近代国家形成を目指していった日本。 しかし、その展開においては、近隣諸国との歴史的・地域的関係性もまた、大きな条件として存在していた―。 複雑化する国際環境のなかで、「アジア」なるものの一角に位置した日本は、この地域をどのように捉え、なにを企図していったの...

定価4,104円(本体3,800円)

岸信介 最後の回想

今すぐ購入

岸信介 最後の回想

その生涯と60年安保

加瀬英明 監修/加地悦子 聞き手

2016年7月 刊行 ISBN:978-4-585-22154-8

アメリカが内に籠もり、日本は自立を強いられる生誕120周年の今、36年ぶりに公開される談話録によって、岸信介が蘇る。...

定価1,404円(本体1,300円)

東京復興写真集1945~46

今すぐ購入

東京復興写真集1945~46

文化社がみた焼跡からの再起

東京大空襲・戦災資料センター 監修/山辺昌彦・井上祐子 編

2016年7月 刊行 ISBN:978-4-585-27028-7

1945年秋、敗戦直後から活動を開始した幻の出版社「文化社」。 戦時中の『FRONT』でつちかった高度な写真技術を駆使して撮影された大量の写真から、復興する東京を活写した800枚超を集成。 多数の未公開写真、充実した解説・地図を収録する。 【本書の特色】 1.収録全840点のうち、約750点が未公開...

定価10,800円(本体10,000円)

勝海舟の蘭学と海軍伝習

今すぐ購入

勝海舟の蘭学と海軍伝習

片桐一男 著

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22147-0

勝海舟が学んだ蘭学、海軍伝習とはいかなるものであったのか。 幕末から維新への激動の時代、江戸城無血開城に導き、次代への道を拓いた勝海舟。 その成功の背景には、海舟が身に着けた蘭学と海軍伝習があった。 新潟県糸魚川市に伝わる新出資料を読み解き、海舟が蘭書やオランダ人教官との親交から海外情報・知識を体得...

定価4,536円(本体4,200円)

地域と人びとをささえる資料

今すぐ購入

地域と人びとをささえる資料

古文書からプランクトンまで

神奈川地域資料保全ネットワーク 編

2016年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22150-0

地震や津波などの大災害、過疎化による担い手の減少…。 地域における資料は現在その存続の危機に直面する機会が少なくない。 しかし、一方で危機的状況のなかで地域社会のアイデンティティを再認識させ、地域に根ざした人びとのつながりを強める役割を資料が果たすこともある。 地域社会を形成する紐帯としての資料のあ...

定価3,780円(本体3,500円)