基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

日本史(近現代)


並べ替え

商品画像 書名-

渋沢敬三と竜門社

今すぐ購入

渋沢敬三と竜門社

「伝記資料編纂所」と「博物館準備室」の日々

大谷明史 著

2015年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22112-8

「渋沢栄一の伝記を作るよりも伝記資料の組織的蒐集を」 「日本にも近世以来の産業発展の歴史を語る博物館の建設を」 個人の伝記資料集としては世界有数の存在である『渋沢栄一伝記資料』全68巻は、渋沢敬三の発意と財政的支援とによって編纂が進められた。また敬三は、近世から近代の産業の発展の経過を物語る実業史博...

定価3,024円(本体2,800円)

宣教師たちの東アジア

今すぐ購入

宣教師たちの東アジア

日本と中国の近代化とプロテスタント伝道書

中村聡 著

2015年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22105-0

清朝末期の中国と、幕末動乱期の日本。近代国家樹立を志向する人々に対して、キリスト教宣教師たちのもたらした西洋的世界観はどのような影響を及ぼしたのか。そして、西洋人はアジアの国々をどのように捉えようとしていたのか。 キリスト教伝道書、漢訳西洋科学書を題材として、その交渉と摩擦の歴史を考究する。...

定価5,184円(本体4,800円)

「征韓論政変」の真相

今すぐ購入

「征韓論政変」の真相

歴史家の史料批判を問う

川道麟太郎 著

2015年1月 刊行 ISBN:978-4-585-22104-3

西郷隆盛らは征韓論争に敗れて下野したのではない。 歴史家が語る「征韓論政変」の虚構性と、その原因が史料の勝手な解釈や使い方、史料批判の欠如にあることを明らかにし、政変の真相を究明する。...

定価2,376円(本体2,200円)

政治家失言・放言大全

今すぐ購入

政治家失言・放言大全

問題発言の戦後史

木下厚 著

2015年1月 刊行 ISBN:978-4-585-22103-6

終戦直後から原発・歴史認識問題まで、政治を揺るがし、国民の議論を呼んだ約500の失言・放言を徹底して集成。発言の背景・その後の経緯まで詳細に解説する。 議論と顰蹙を巻き起こした〈問題発言〉から読む日本現代史。 【本書の特色】 ・戦後日本政治史の問題発言約500を最近のものまで集成。 ・発言そのものを...

定価3,780円(本体3,500円)

決定版 東京空襲写真集

今すぐ購入

決定版 東京空襲写真集

アメリカ軍の無差別爆撃による被害記録

早乙女勝元 監修/東京大空襲・戦災資料センター 編

2015年1月 刊行 ISBN:978-4-585-27019-5

1400枚を超える写真を集成。戦争の惨禍を知り、平和への願いを新たにする。 これまで紹介されていなかった写真もふくめ、東方社、日本写真公社、石川光陽などの写真を日付ごとに網羅。詳細な解説と豊富な関連資料を付す。 【本書の特色】 ・東京への空襲を撮影した1400点以上の写真を可能な限り集成し、網羅的に...

定価12,960円(本体12,000円)

近代学問の起源と編成

今すぐ購入

近代学問の起源と編成

井田太郎・藤巻和宏 編

2014年11月 刊行 ISBN:978-4-585-22099-2

明治日本における西洋の教育・学問制度の導入は、それまでの知のあり方との融合・折衷・対立・拮抗を経つつ、現在につながる学問環境を作り出してきた。 しかし、科学的・客観的とされるいまのわれわれの学問の枠組みは、果たしてニュートラルな存在としてあるものなのか―。 近代学問の歴史的変遷を起源・基底から捉えな...

定価6,480円(本体6,000円)

「日中歴史共同研究」報告書 第2巻 近現代史篇

今すぐ購入

「日中歴史共同研究」報告書 第2巻 近現代史篇

北岡伸一・歩平 編

2014年10月 刊行 ISBN:978-4-585-22035-0

2006年から2009年にかけて実施された日本と中国のはじめての歴史共同研究。その成果を忠実に公開。 歴史認識の違いを乗り越え、未来を見つめるために、いまこそ歴史を学ばなくてはならない。 1931年から1945年にかけての戦争を中心に据え、それぞれの開国から日本の敗戦までの諸問題を整理する「第2巻 ...

定価4,860円(本体4,500円)

近世・近代初期 書籍研究文献目録

今すぐ購入

近世・近代初期 書籍研究文献目録

鈴木俊幸 編

2014年9月 刊行 ISBN:978-4-585-22092-3

旧著『増補改訂 近世書籍研究文献目録』(ぺりかん社、2007年)未収録の前近代から近代初期における書物・出版に関わる研究文献を網羅的に分類・整理。 のべ14,000以上の文献を対象に、18の大項目、280以上の小項目より検索できる要を得た編集による日本文化史・思想史研究必備の書。...

定価8,640円(本体8,000円)

東アジア世界の「知」と学問

今すぐ購入

アジア遊学 176

東アジア世界の「知」と学問

伝統の継承と未来への展望

小島康敬 編

2014年8月 刊行 ISBN:978-4-585-22642-0

「実学」という用語の細かな定義に拘らず、「学問」「学び」という緩やかな括りで、東アジア世界において「知」の営みがどのように展開されてきたのか、またそれを将来に向けてどのように継承・発展させてゆくかを検証。 日中韓の共同研究により、近代以降の西洋的な学問知から抜け落ちた、東洋の「知」と学びの伝統を問い...

定価2,160円(本体2,000円)

大谷光瑞の研究

今すぐ購入

大谷光瑞の研究

アジア広域における諸活動

柴田幹夫 著

2014年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22080-0

宗祖・親鸞の法灯と血統を継承した浄土真宗本願寺派第22世法主・光瑞は、アジア仏教徒のリーダーであることを自負し、「国家の前途」を強く意識しつつ本願寺の果たすべき役割を、国家と社会との関わりの中で熟考した。 彼が主宰した「大谷探検隊」だけが強調されがちであるが、彼の活動は、それだけに限定されるべきもの...

定価4,860円(本体4,500円)