基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

東洋史


並べ替え

商品画像 書名-

水中文化遺産

今すぐ購入

水中文化遺産

海から蘇る歴史

林田憲三 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22162-3

新しいフィールドの出現―。 現代の科学技術の進展が海底調査を可能にし、新たな発見が続出している。 沈没船や出土品が物語る人々の交流と衝突、海に沈んだ遺跡群から浮かぶ人々の営み、そしてお宝を漁るトレジャー・ハンターたち…。 最新の科学的知見を交えながら、水中文化遺産研究の最前線を伝える。...

定価3,024円(本体2,800円)

中国史書入門 現代語訳 隋書

今すぐ購入

中国史書入門 現代語訳 隋書

中林史朗・山口謠司 監修/池田雅典・大兼健寛・洲脇武志・田中良明 訳

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29611-9

二十四史と呼ばれる中国歴代王朝史(正史)。 既に「史記」や「三国志」などは全文が現代語訳されたものが出版されているが、日本と関係が深まりつつあった時代の「隋書」の現代語訳を行った。従来は日本に関連する事項や専門的記述のみが現代語訳されることの多かった「隋書」から、その本質部分である本紀(皇帝の伝記)...

定価4,536円(本体4,200円)

思想史のなかの日本語

今すぐ購入

思想史のなかの日本語

訓読・翻訳・国語

中村春作 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-21041-2

古来、東アジア世界さらには西欧との異文化接触にさらされてきた日本。 人びとは文化的他者との邂逅の中で、その思想とことばを鍛え続け、日本の言語空間、そして「知」の制度を作り上げてきた。 そしてまた、この「他者」という問題意識は一方で「純粋な日本語」というものを創造する装置ともなっていた…。 近世から近...

定価3,024円(本体2,800円)

韓国・朝鮮史への新たな視座

今すぐ購入

韓国・朝鮮史への新たな視座

歴史・社会・言説

須川英徳 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22171-5

徹底的な史料分析と体系的な歴史像の提示を軸に、言説形成・思想・制度・政策など社会・生活とを切り結ぶ視角より、前近代と現代を架橋する韓国・朝鮮史のパースペクティブを提示する。...

定価8,640円(本体8,000円)

忍者の誕生

今すぐ購入

忍者の誕生

吉丸雄哉・山田雄司 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22151-7

「忍者」をモデルにした小説・マンガなどは多くあるが、実際の忍者たちはどのようなものだったのか。忍術書などから忍者の戦術・精神性を探り、日中における忍者(的な存在)にも言及する。 また、現代における「忍者像」はどのようにして形成され、中国・韓国などでどう受容されているのか。 忍術書・忍具、アジア圏の忍...

定価3,888円(本体3,600円)

改訂新版 中国学入門

今すぐ購入

改訂新版 中国学入門

中国古典を学ぶための13章

二松學舎大学文学部中国文学科 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-20056-7

中国の文学・歴史・思想・芸術などの文化を研究する「中国学」。 歴史をひもとけば分かるように、私たちの精神や思想の背景には、広く中国や朝鮮半島など東アジアからの影響がある。中国学を学ぶことは、自分自身を知ることにつながるだろう。 古代から20世紀にいたる中国文化の展開や日本における影響を概観し、その豊...

定価1,728円(本体1,600円)

現代中国と市民社会

今すぐ購入

現代中国と市民社会

普遍的《近代》の可能性

石井知章・緒形康・鈴木賢 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-23053-3

多様かつ複雑な思想史的背景をもつ中国の市民社会論を、歴史的現実を踏まえつつ理論的に再検討する。この共通テーマをめぐっては、いまだに戦後日本の社会科学を代表する市民社会論との理論的「接点」がまったく見出せていない。 日中間の社会科学者による共同作業を通し、市民社会をめぐる言説空間を構築する。...

定価8,100円(本体7,500円)

「慰安婦」問題の言説空間

今すぐ購入

「慰安婦」問題の言説空間

日本人「慰安婦」の不可視化と現前

木下直子 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-23055-7

〈従軍慰安婦問題〉が1990年頃に日韓の政治的な問題として表面化した一方で、日本人「慰安婦」は「加害国の被害者」という立場ゆえこれまで可視化されていなかった。 雑誌や新聞記事などのメディア表象や運動資料を分析し、「慰安婦」を語る言説が、「被害者」「加害者」像を形成し、忘却を伴いつつも、「慰安婦」問題...

定価4,536円(本体4,200円)

宗教と儀礼の東アジア

今すぐ購入

アジア遊学 206

宗教と儀礼の東アジア

交錯する儒教・仏教・道教

原田正俊 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22672-7

祖先祭祀、葬送や鎮魂、そして王権の正統化・補強・・・。 儀礼は、歴史の局面において様々に営まれ、時に人びとの救済への切実な営みとして、また時には支配・被支配の関係性の強化にも働いた。 そして、その源泉には儒教・仏教・道教などの宗教があった。 諸宗教の交渉がもたらす儀礼の諸相を、思想史・歴史学・文学・...

定価2,592円(本体2,400円)

雲南の歴史と文化とその風土

今すぐ購入

雲南の歴史と文化とその風土

氣賀澤保規 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22178-4

雲南は中国の西南角に位置する。だが決して辺境ではない。その地は古来、多くの民族を受け入れ、多彩な文化を生み出し、中国本土とは異なる独自の世界を培ってきた。 雲南に身を寄せ、生態や歴史や文化、民族や民俗、そしてそこに暮らす人々の目線から地域の本質に迫った、雲南をめぐる初めての総合研究。...

定価7,560円(本体7,000円)