基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

哲学・宗教・民俗


並べ替え

商品画像 書名-

宗教と儀礼の東アジア

今すぐ購入

アジア遊学 206

宗教と儀礼の東アジア

交錯する儒教・仏教・道教

原田正俊 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22672-7

祖先祭祀、葬送や鎮魂、そして王権の正統化・補強・・・。 儀礼は、歴史の局面において様々に営まれ、時に人びとの救済への切実な営みとして、また時には支配・被支配の関係性の強化にも働いた。 そして、その源泉には儒教・仏教・道教などの宗教があった。 諸宗教の交渉がもたらす儀礼の諸相を、思想史・歴史学・文学・...

定価2,592円(本体2,400円)

書物学 第10巻 南方熊楠生誕150年

今すぐ購入

書物学 10

書物学 第10巻 南方熊楠生誕150年

編集部 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-20710-8

いまなお人びとを魅了してやまない博物学者・南方熊楠。 近年、熊楠邸所蔵資料の網羅的かつ詳細な調査により、これまで知られることのなかった、さまざまな事実が明らかになってきた。 彼の読書体験の実態は如何なるものであったのか。 熊楠をめぐり、人びとそして書物はどのように動いたのか。 「知の巨人」との対話の...

定価1,620円(本体1,500円)

深草元政『草山集』を読む

今すぐ購入

深草元政『草山集』を読む

近世初期学僧のことばと心

元政庵瑞光寺 川口智康 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-21040-5

京都深草に庵を結んだ元政上人である。 当時の人びとに愛され数多くの著作が版行された元政の文学の精髄を集めた詩文集『草山集』の全編を読みやすい読み下し文にして収載。元政そして『草山集』の魅力を伝える解説を附した。 「ことば」によって「いのち」を紡ぎ、人の心を伝えていった元政。350年を経て今なお褪せる...

定価5,184円(本体4,800円)

雲南の歴史と文化とその風土

今すぐ購入

雲南の歴史と文化とその風土

氣賀澤保規 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22178-4

雲南は中国の西南角に位置する。だが決して辺境ではない。その地は古来、多くの民族を受け入れ、多彩な文化を生み出し、中国本土とは異なる独自の世界を培ってきた。 雲南に身を寄せ、生態や歴史や文化、民族や民俗、そしてそこに暮らす人々の目線から地域の本質に迫った、雲南をめぐる初めての総合研究。...

定価7,560円(本体7,000円)

偉人崇拝の民俗学

今すぐ購入

偉人崇拝の民俗学

及川祥平 著

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-23051-9

歴史上の人物は、共同体の記憶の中で変容し伝説化していく。 地元の英雄として、そして神として立ち現れる過程において、人々は彼らに何を託すのか。 武田信玄、徳川家康、楠木正成らを祀る神社や史蹟、祭礼を丹念に検証し、赤穂四十七士や大岡越前らの表象の現在に迫る。...

定価6,696円(本体6,200円)

天野山金剛寺善本叢刊  第一期

今すぐ購入

天野山金剛寺善本叢刊  第一期

第一巻 漢学・第二巻 因縁・教化

後藤昭雄 監修/(第一巻)後藤昭雄・仁木夏実・中川真弓 編/(第二巻)荒木浩・近本謙介 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-21211-9

古代・中世における寺院の営みをいまに伝える一大資料群より天下の孤本を含む平安時代以来の貴重善本を選定し収載。 精緻な影印と厳密な翻刻、充実の解題により、その資料性と文化史的・文学史的価値を明らかにする。 【本書の特色】 ・天野山金剛寺(大阪府河内長野市)に所蔵される貴重典籍をテーマごとに選定し収載。...

定価34,560円(本体32,000円)

子どもを産む・家族をつくる人類学

今すぐ購入

子どもを産む・家族をつくる人類学

オールターナティブへの誘い

松岡悦子 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-23044-1

グローバル化した現代社会において、子どもを産むこと、家族をつくることは1つの国の中だけで完結しない、世界的な視野で考えねばならないテーマになっている。 多彩なリプロダクションの現象を盛り込み、人類学的視点からリプロダクション、国家、文化、医療の関係を探る。...

定価3,456円(本体3,200円)

敦煌仏頂尊勝陀羅尼経変相図の研究

今すぐ購入

敦煌仏頂尊勝陀羅尼経変相図の研究

下野玲子 著

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-21038-2

東西交通の要衝・敦煌。インドから伝わった仏教もこの地を経て中原地域に流入した。 敦煌では石窟壁画など仏教美術が花開き、今に残されたそれらは仏教伝播の歴史を知る上で極めて貴重な資料ともなっている。 本書では唐代における敦煌の石窟壁画に焦点をあて、その中で漢訳された経典「仏頂尊勝陀羅尼経」の内容がどのよ...

定価15,120円(本体14,000円)

夢と表象

今すぐ購入

夢と表象

眠りとこころの比較文化史

荒木浩 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29137-4

我々はなぜ夢を見るのか。この夢はいったい何を象徴しているのか。 「夢」をめぐる議論は洋の東西、そして時代を問わず、人びとの心を悩ませてきた。 睡眠の夢、ビジョンとしての夢、そして比喩としての夢―。 多様に存する「夢」は、いかなるかたちで、今日へと歴史を刻んできたのか。 そして、人びとはどのように夢の...

定価8,640円(本体8,000円)

後七日御修法再興記

今すぐ購入

後七日御修法再興記

影印・翻刻・解題

総本山醍醐寺 仲田順和 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-21037-5

正月八日より七日間、東寺長者により天皇の安寧や国家安穏を祈る真言密教の秘法、後七日御修法(ごしちにちのみしほ)。空海の奏上により始められ、長禄4年(1460)を最後に中絶することとなったこの儀式は、元和8年(1623)、162年の時を隔てて、醍醐寺80代座主義演の尽力で再興されることとなった。 「国...

定価10,800円(本体10,000円)