基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

水門 28

ミナト ダイニジュウハチゴウ

水門 第二十八号

言葉と歴史

水門の会 編

定価 3,780円 (本体3,500円) 在庫あり

数量:

歴史文化研究の交流拠点、開港

歴史学・文学・言語学・民俗学など諸学の粋を集め、ジャンルを越えた新たな学問世界への扉を開く。
本小特集では、季語の生成と四季意識との関わりについて、多様な視点と世界的な視野から検証し、短詩系文学としての「俳句」の世界的な存在像や国際俳句の可能性について探る。

ISBN 978-4-585-22442-6 Cコード C1320
刊行年月 2018年4月 判型・製本 A5判・並製  408 頁
キーワード アジア, 交流史, 仏教, 古典, 日本史, 日本語, 民俗学, 漢文

目次

小特集 季語の生成と四季意識─東アジアから世界へ
自然美と四季意識―日本古代漢詩、特に『懐風藻』を中心に― 波戸岡旭
芭蕉の「行く春」と白居易の季節意識─「三月尽」「送春」をめぐって 新間一美
◆コラム・季語に関する断章(一)―超長寿時代の俳句と季語 波戸岡旭
『和漢朗詠集』絵入り版本と『俳諧類船集』─付合語における縦題と古典回帰 藏中しのぶ
◆コラム・季語に関する断章(二)―季語とオノマトぺ 波戸岡旭
山本荷兮「こがらしに二日の月のふきちるか」考 安保博史
◆コラム・季語に関する断章(三)―季語「色なき風」考 波戸岡旭
スウェーデン俳句と季語    トウンマン武井典子
◆コラム・季語に関する断章(四)─自然の霊威に感応するということ 波戸岡旭
国際俳句の可能性─四季の詞と歳時記 東 聖子
パネル・ディスカッション 季語の生成と四季意識─東アジアから世界へ
* * *
古代「白堂」考                     藤本 誠
沙羅双樹考  長田俊樹
敦煌変文と風土記逸文における羽衣伝説 徐磊
「題目」の規定と実態─『中右記部類紙背漢詩集』の場合     布村浩一
三浦浄心における「陸奥紀行」の系譜─『都のつと』『雲玉和歌抄』による『おくのほそ道』への影響について                        佐々木雷太
『大和本草』「穀」類に内在する下位分類─『本草綱目』との比較から 郭崇
語義形成と語源意識─古辞書の訓の資料性            吉田比呂子
明治期大阪「笑い」関連文献目録の作成に向けて 浦和男
* * *
『満漢合璧西廂記』の総合的研究・その7      寺村政男主編 荒木典子・鋤田智彦
『御製増訂清文鑑』における“走”と“跑” 鋤田智彦
『韃靼漂流記』に反映された日本語ハ行子音に関する覚書 早田清冷
『四書集注』、『小学』などの満洲語訳の言語の特徴と成立年代について 渡辺純成
近代における皇族報道メディアの成立─『皇族画報』の意義 青木淳子
『唐話纂要』所収「和漢通俗奇談」の訓読と翻訳       北川修一
『名物六帖』語彙出処考ー『水滸伝』との関連においてー    于増輝
『通俗赤縄奇縁』における近世漢語受容の実態─傍訳を手掛かりに 鐘一沁
『南天竺婆羅門僧正碑并序』翻訳と解題 Eulogy of Bodhisena, High Monk from South India, with a Preface"   オレグ・プリミアーニ
彙報・編集後記

シリーズ詳細

水門