基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

わかる!図書館情報学シリーズ 2

ジョウホウノヒョウカトコレクションケイセイ

情報の評価とコレクション形成

日本図書館情報学会研究委員会 編

定価 1,944円 (本体1,800円) 在庫あり

数量:

正しい情報を得るための羅針盤は?

氾濫するデータの海を泳ぐために、図書館情報学が導き出す理論。
情報化社会を生きる現代人に必須の「評価基準」とは何か。
人々や図書館は、情報をどのように選択し、「コレクション」をどのように構築しているのか……。
理論から実践・実例までを備えた、基礎的テキストの決定版。

    ISBN 978-4-585-20502-9 Cコード C1300
    刊行年月 2015年10月 判型・製本 四六判・並製  176 頁
    キーワード アーカイブズ, 図書館, 現代社会

    目次

    まえがき

    第1部 情報の評価
    第1章 利用者の視点にもとづく情報と情報源の評価 齋藤泰則(明治大学)
    第2章 学術情報の評価 小野寺夏生(筑波大学名誉教授)
    第3章 ウェブ情報源の評価 佐藤翔(同志社大学)
    第4章 蔵書の評価と資料選択 大場博幸(文教大学)

    第2部 コレクション形成
    第1章 コレクションとは 安井一徳(国立国会図書館)
    第2章 日本の図書館のコレクションの現状 大谷康晴(日本女子大学)
    第3章 学校図書館のコレクション形成 河西由美子(鶴見大学)
    第4章 大学図書館のコレクション 佐藤義則(東北学院大学)
    第5章 文書資料と文書館・アーカイブズ 古賀崇(天理大学)