基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

髙山寺の名宝

コクホウ ギョクヘン カンダイニジュウナナ

国宝 玉篇 巻第二十七

髙山寺 監修/石塚晴通 編/池田証寿 解説

定価 75,600円 (本体70,000円) お問い合わせ

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

『玉篇』は中国の漢字字書で、南朝梁代(535~546)に顧野王(519~581)によって著され全30巻からなる。本書はそのうちの巻第二十七の前半部にあたり、「糸」部から「索」部までの七部の部首目録を標挙し、「糸」部の270字収める。本巻の後半部は石山寺に所蔵されている。紙背には、文中に応徳三年(1086)の年紀が見られる「護摩科文六種」が書写されており、古渡りであることを証している。

・縦27.2cm/全長9.15m

*本商品は受注生産の商品でございます。ご注文をご希望の方は、弊社まで直接お問い合わせください

ISBN 978-4-585-27184-0 Cコード C3080
刊行年月 2016年8月 判型・製本 巻子  1 頁
キーワード 国語学, 日本語, 漢文