基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

シントウガセカイヲスクウ

神道が世界を救う

マンリオ・カデロ/加瀬英明 著

定価 972円 (本体900円) 予約商品

Preorder:
2018/08/31

数量:


この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

今日、人類は、絶えることがない宗教抗争や、民族抗争や、環境破壊によって、行き詰まっている。
「宗教」ではなく、「信仰」である神道。
いまこそ、世界は自然と共生し、自然と一体になっている神道がもたらす、「和」の心を学ぶことが必要である。
世界一自由で平和な国・サンマリノ共和国の駐日大使と海外を知り尽くした外交評論家が、神道の本質、これからの日本を語りつくす!

ISBN 978-4-585-21048-1 Cコード C0014
刊行年月 2018年8月 判型・製本 新書判・並製  224 頁
キーワード 宗教, 思想, 文化史, 現代社会

目次

はじめに マンリオ・カデロ
第一章 神道とは何か
第二章 世界宗教と神道の違いは何か
第三章 なぜ神道が世界を救うのか
第四章 日本の心をひろめ世界に平和を
あとがき 加瀬英明

編著者プロフィール

マンリオ・カデロ(Manlio Cadelo)
サンマリノのジャーナリスト、大使。
2002年より駐日サンマリノ大使、2011年より在日外交団長。
主な著書に『世界が感動する日本の「当たり前」』(小学館、2018年)、『世界で一番他人(ひと)にやさしい国・日本』(祥伝社、2016年)、『だから日本は世界から尊敬される』(小学館、2014年)などがある。

加瀬英明(かせ・ひであき)
1936年東京生まれ。外交評論家。慶應義塾大学、エール大学、コロンビア大学に学ぶ。「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長。1977年より福田・中曽根内閣で首相特別顧問を務めたほか、日本ペンクラブ理事、松下政経塾相談役などを歴任。
著書に『昭和天皇の戦い』(勉誠出版)、『イギリス 衰亡しない伝統国家』(講談社)、『徳の国富論』(自由社)など。現在『加瀬英明著作選集』(勉誠出版)を刊行中。