基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

アジア遊学 137

トウザイコウショウトイランブンカ

東西交渉とイラン文化

井本英一 編

定価 2,160円 (本体2,000円) 品切れ

品切れ

東洋と西洋の結節点に位置し、古代より宗教・文化・文物の発信地であったイラン。
宗教・思想・伝承、そしてヒト・モノといった、さまざまな観点からその文化交渉における諸相を多角的に論じ、世界史に与えたイラン文化の影響を考察する。

ISBN 978-4-585-22603-1 Cコード C1320
刊行年月 2011年1月 判型・製本 A5判・並製  216 頁
キーワード

目次

はじめに―東西文化交渉におけるイラン文化 井本英一 

ミトラ信仰の東西 井本英一 
世界精神史におけるゾロアスター教
 ―宗教思想の文化交渉面を中心に 岡田明憲 
 (コラム)アナーヒター女神の東西 松村一男 
 (コラム)アーサー王伝説に見られる、
      スキュタイ神話との顕著な類似 吉田敦彦 
四ツ目の犬・四ツ白の犬 奥西峻介 
ヘレノ・イラニズムと仏教の交流 前田耕作 
大乗仏教に入ったイラン文化的要素
 ―阿弥陀仏と極楽をめぐって 森茂男 
佛教説話「井戸のなかの男」の西方伝播
 ―ペルシア文字の貢献を中心に 杉田英明 
 (コラム)アレクサンダー伝説の東漸 岡本健一 
イランのこぶとりじいさんとその背景 竹原新 
元型、複合、伝播 井本英一 
アレクサンドロスの東征軍とペルシア文化 森谷公俊 
ササン銀器から見た東西文化交流
 ―獅子と虎の描写をめぐって 田辺勝美
東西交流におけるイラン染織
 ―連珠円文錦の系譜 道明三保子 
 (コラム)花菱の文様にみる東西交流
      ―イラン織物と絵絣の関連から 星谷美恵子 
サーサーン朝ペルシア・ガラスの「直」(中国・東方流入)
 と「風」(中国・東方化) 谷一尚 
 (コラム)工芸分野からみた古代イランの文化交流
       由水常雄 
ソグド人の東方進出とその活動
 ―商業活動と外交活動を中心に 森部豊 
隋唐の建国と中国在住ソグド人 山下将司 
パールスィーの中国・日本来航
 ―近現代の極東ゾロアスター教文化 青木健

シリーズ詳細

アジア遊学

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています

古今東西のおさな神

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

古今東西のおさな神

定価1,944円