基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

ダイゴジレイホウカントクベツテンズロク スイショウホウガンイリモクゾウアミダニョライゾウ

醍醐寺霊宝館特別展図録 水晶宝龕入り木造阿弥陀如来像

水晶中の小宇宙

総本山醍醐寺 監修/副島弘道 編

定価 648円 (本体600円) 在庫あり

数量:

2018年醍醐寺霊宝館にて初公開となる、快慶作と目される上醍醐清龍宮伝来の「水晶宝龕入り木造阿弥陀如来立像」。
蓮華のつぼみの形をした透明な水晶のなかに巧妙に収められた金色の如来小像、その魅力と来歴を伝える一冊。

ISBN 978-4-585-27050-8 Cコード C1071
刊行年月 2018年10月 判型・製本 A4判・並製  16 頁
キーワード 仏教, 美術

目次

ごあいさつ
水晶宝龕入り木造阿弥陀如来像 写真
解説 副島弘道
年表醍醐寺の主な仏像
醍醐寺鳥瞰図

編著者プロフィール

副島弘道(そえじま・ひろみち)
昭和27年(1952)生。大正大学教授。醍醐寺文化財研究所研究員。専門は日本彫刻史。
主な著書に『運慶―その人と芸術』(吉川弘文館、2000年)、『関東の仏像』(株式会社ティー・マップ、2012年)、『日本彫刻史基礎資料集成鎌倉時代造像銘記篇』第1期全8巻・第2期全8巻(共編、中央公論美術出版、2003年〜刊行中)など。

★広告情報
「朝日新聞」(2018年11月17日)に全5段広告を掲載しました。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています