基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ブシドウキホンヨウゴジテン

武士道基本用語事典

北影雄幸 著

定価 3,456円 (本体3,200円) 在庫あり

数量:

これだけは知っておきたい150語

江戸期を中心とした約70冊の武士道書から、最重要の武士道用語を紹介!
今日を生き抜き、明日を切り開く強力な心の糧としての武士道を知る事典。

ISBN 978-4-585-21524-0 Cコード C0001
刊行年月 2014年1月 判型・製本 四六判・上製  320 頁
キーワード 思想, 江戸, 総記, 近世

目次

まえがき―新渡戸稲造『武士道』批判

第一部 武士道用語の入門書
『学則』林子平
『五常五倫名義』室鳩巣
『士道心得書』北条竹鳳
『士道要論』斎藤拙堂
『武治提要』津軽政方
『山鹿語類・士道』山鹿素行
『武道初心集』大道寺友山

第二部 武士道用語辞典
《基礎編》
《応用編》
《上級編》

編著者プロフィール

北影雄幸(きたかげ・ゆうこう)
1949年東京都生まれ。早稲田大学卒業。若き頃より短歌の道を志し、日本語の美しさを学ぶ。平成年代に入り、[男の生きざま]をテーマに、武士道と軍人精神の究明に傾倒し、関連書籍の出版を重ねる。『甲陽軍鑑』を、武士道をキーワードに読み解いた『実録・風林火山―『甲陽軍鑑』の正しい読み方』(2007年)にて、第25回日本文芸大賞・歴史文芸賞を受賞。
その他の著書に、『三島由紀夫と「葉隠」』 (2006年)、『決定版 司馬史観がわかる本―幕末史観編』(2005年)、『武士道の美学』、『武家女性の美学』、『特攻 十冊の名著』(2011年)、『戦国 十冊の名著』、『幕末 十冊の名著』(2012年)などがある。