基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

東洋文庫善本叢書 第二期 1

ラフカディオハーン ビーエイチチェンバレンオウフクショカン

ラフカディオ ハーン、B.H.チェンバレン往復書簡

公益財団法人 東洋文庫 監修/平川祐弘 解題

定価 151,200円 (本体140,000円) 在庫あり

数量:

世界史を描き出す白眉の書物を原寸原色で初公開

日本研究家で作家の小泉八雲(Lafcadio Hearn, l850-1904)は、帝国大学文科大学の教授で日本語学者B.H.チェンバレン(B. H. Chamberlain 1850-1935)の斡旋で松江中学(1890)に勤め、第五高等学校(1891)の英語教師となり、のち帝国大学文科大学の英文学講師(1896~1903)に任じた。
本書には1890~1896年にわたって八雲がチェンバレン(ほか西田千太郎、メーソン W. S. Masonとの交信数通)と交わした自筆の手紙128通を収録。往復書簡の肉筆は2人の交際をなまなましく再現しており、西洋の日本理解の出発点の現場そのものといっても過言ではない。

*こちらの商品は二分冊(分売不可)となっております。

【本シリーズの特長】
・国際的な東洋学の研究拠点として名高い「公益財団法人 東洋文庫」所蔵の貴重古典籍全三点を全編フルカラー原寸で影印。
・対象典籍の全編フルカラー影印は史上初。今後の研究の基礎図書となるものである。
・高精細な製版・印刷により、原本の質感を再現。筆致や書入、訓点までもが仔細に観察できる。
・対象典籍に通暁した斯波義信(東洋文庫文庫長)・平川祐弘(東京大学名誉教授)・平野健一郎(東洋文庫)による解題を収載。新知見を盛り込み、歴史的・文化的位置づけを明らかにする。

ISBN 978-4-585-28221-1 Cコード C3080
刊行年月 2016年11月 判型・製本 菊倍判・上製  884 頁
キーワード 幕末, 日本史, 明治