基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

アジア遊学 64

キソウトソノジダイ

徽宗とその時代

編集部 編

定価 1,944円 (本体1,800円) 品切れ

品切れ

ISBN 978-4-585-10315-8 Cコード C
刊行年月 2004年6月 判型・製本 A5判・並製  226 頁
キーワード

目次

序言/伊原 弘

徽宗とその時代―その再検討のために/伊原 弘

徽宗朝の秘書省と文化財コレクション/イーブリー(吉田真弓 訳)

徽宗と蔡京―権力の絡み合い/王 瑞 来

北宋徽宗代の財政政策/金 栄 済

地方の時代―地域社会への視点/須江 隆

兵制からみた徽宗時代の地域社会/斎藤忠和

地方の士大夫と郷飲酒礼/山口智哉

徽宗時代の儒教を考える/市来津由彦

徽宗と道教政策/松本浩一

徽宗時代の博物学/高津 孝

皇帝の眼差し―徽宗「瑞鶴図巻」をめぐって/板倉聖哲

北宋後期の日宋間交渉/榎本 渉

不安定化する東アジア/西尾尚也


◎コラム
コレクターとしての徽宗/高津 孝
徽宗朝の文書行政/平田茂樹
首都開封の物価と市民の暮し/本田精一
北宋士大夫の杭州―再構築された中核都市の様態/山口智哉
徽宗時代は何を示唆するか―アメリカにおける研究状況から/小島 毅


◎ブックレポート
絵入り新聞に読む清末庶民の日本観/戦 暁 梅

◎連載
渤海関連詩を読む (第九回)
 滋野貞主「春日奉使入渤海客館」/井実充史

保安族を訪ねて (第五回)
 保安族の民話「トリガガ」/佐藤暢治

異教徒集団の坩堝 現実のインドを知る (第二回)
 ユダヤ教徒の天国、それはインド/武藤友治

シリーズ詳細

アジア遊学

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています

漢籍と日本人

品切れ

漢籍と日本人

定価1,944円

日本文化にみる道教的要素

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

日本文化にみる道教的要素

定価1,944円