基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

センゴハサッカタチノビョウセキ

戦後派作家たちの病跡

庄田秀志 著

定価 4,104円 (本体3,800円) 在庫あり

数量:

病みながら創造するものたちの魂の遍歴。

精神分析学、現象学、存在論、脳科学といった思考法により補助線を引くことで、作品という運動体の軌跡が浮き彫りになる。井上光晴、島尾敏雄、三島由紀夫、安部公房―戦後日本の代表的作家たちの〈病める魂〉にメスを入れる。

ISBN 978-4-585-29009-4 Cコード C1095
刊行年月 2011年2月 判型・製本 四六判・上製  416 頁
キーワード

目次

一.妄想の自縛性・虚構の自由性―エイドス論的視点から
二.井上光晴論―虚言から虚構の彼岸へ
三.島尾敏雄論―「生きられる空間」を逍遥するシュールレアリスト
四.三島由紀夫論―劇空間の空虚
五.安部公房論―ノスタルジアの消去・永遠の異邦性